2012年09月09日

韓国で親日コミュニティを作った男子学生を捜査


5日、複数の韓国メディアは、韓国のポータルサイトに、親日派向けのコミュニティを開設した13歳の男子学生への警察捜査がはじまったと報じた。

旭日旗を背景に「大日本帝國」というバナーを揚げている同コミュニティには「竹島は日本の領土」「日本が朝鮮に基礎的市場経済を移植してくれた」といった主張が掲載されている。


「私は売国奴ではなく、日本を心から助けたいと思っている親日家」と綴る男子学生は、8月15日に「世界大戦終戦記念日であり、日本帝国敗戦日を記念する文章」として韓国旗を燃やした写真を添付、「独立運動家たちは朝鮮の光復(独立)に何も役に立たなかった。連合軍が日本に対し朝鮮を諦めさせた結果」と主張した。

現地のSNSでは、「13歳だが、国家機構のために殴り殺せ」「親も処罰するべき」「少年法を改正すべき」といったコメントが相次ぐ中、「日本に国外追放しよう」「親は責任をとってあの子を連れて日本に亡命しろ」など大きく荒れている。

なお、韓国のニュースサイト・デイリアンは、韓国の放送通信委員会の調査を引用し、1万9000件以上の親日や韓国を卑下した掲示物が、6月から8月にかけて韓国のネットで拡散していることが確認されており、同委員会は削除や接続遮断などの措置をとっていると伝えた。

私は韓国が嫌いなわけではない。キムチも食べるし、韓国料理も食べる。そして韓国人の友人もいる。しかし、私には愛国心がある。日本人であることを誇りに思っている。再び、生まれ変わったとしても日本人であることを望む。

領土問題は政府が解決すれが良いが、日本の歴史や文化を否定し奪略する行為だけは許されない。まして、空手、柔道、剣道、合気道といった日本古来の武道までも韓国が源だと公言している。そして、侍までも・・・

こんな動画を見つけた・・・




posted by 松田英貴 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年09月08日

韓国の慶一大学校総長の君が代韓国起源説??


韓国大学総長が「君が代は “キム家の世の中” という意味」と主張 / 大学総長「天皇はもともと韓国人のキム氏」

『君が代』といえば、言わずと知れた日本の国歌だ。学校の入学式、卒業式などの行事やワールドカップやプロ野球の開幕戦などで歌われる。

だが、そんな日本の歌である『君が代』を、「君が代の起源は韓国」と韓国の慶一大学校総長、李南教(イ・ナムギョ)氏が主張しているのをご存知だろうか。

イ氏は韓国毎日新聞に連載していたコラムで韓国語が語源とされる日本語を紹介していた。そのなかでイ氏は天皇の祖は韓国人であり、君が代は「”キム家の世の中”という意味」だとした。

紙面では詳しく君が代の起源について説明しているのだが、簡単にまとめるとイ氏の説明は以下のとおりになる。

<イ氏の君が代韓国起源説要約>

日本語では相手を指す言葉で「君(キミ)」と言うが、これは「金(キム)」が変わってなった言葉

韓国から日本に上陸した「朴(パク)」氏が大阪周辺の明日香に「耶馬台国(ヤマトグク)」を建国、また九州では「金(キム)」氏を王とする「狗耶国(クヤグク)」という国が作られた

その後いろいろあってキム氏が統率するクヤグクが日本の覇者となり、天皇の姓が金海金氏となる

日本の国歌『君が代』は「王様(天皇)の世の中」という意味だが、キム氏が日本の覇者であり天皇の姓の元祖なので、本来は「キム家(君)の世の中」ということ。

つまりイ氏は「君が代は天皇をたたえる歌」という前提のもと、天皇の祖は韓国から渡来したキム氏だから「君が代=キム家の世の中=天皇であるキム家の歌」なので君が代は韓国起源だとしているのである。

ちなみに、イ・ナムギョ氏は数多くの海外の大学や、日本の私立大学とも交流協定を結んでいる慶一大学校の総長だ。また、彼は兵庫県の芦屋大学大学院を修了し、駐大阪韓国総領事館副領事・駐福岡韓国総領事館副領事もつとめたことがある人物である。

なお、韓国ではワサビ、キリスト、サンタクロースやビッグバンなども韓国起源であると紹介されている。

参照元:韓国毎日新聞(韓国語)

韓国の慶一大学校総長がこのレベルである。嘘の次元が3Dとなっているようです。困ったもんです・・・


posted by 松田英貴 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年08月26日

福島の子供の36%に、放射線被曝による甲状腺異常


福島の子供たちに甲状腺結節−日本のマスコミは報じない

福島の38,114人の子供たちに超音波検査を実施したところ、​36%の子供の甲状腺にシコリや嚢胞が発見された。

これは、もちろん福島第一原発由来の放射能による被曝が原因であ​るが、このように1年もたたないうちに、これだけ大勢の子供に症​状が表れることは、チェルノブイリ事故のときにもなかったし、長​崎で被爆した子供たちにおいても見られなかった。

http://www.businessinsider.com/a-stunning-36-percent-of-fukushima-children-have-abnormal-growths-from-radiation-exposure-2012-7#ixzz215k0kc2V

そして・・・こんな記事も・・・

事故直後、佐藤雄平から東電側に「健康被害はない、ということに​してほしい」と要望が入った。

また、佐藤雄平は官邸にも同じ要望を出していた

福島第1原発3号機で昨年3月14日に起きた水素爆発の直後、福​島県が東京電力に「健康被害の心配はない」とする文言を報道発表​資料に記載するよう要請していたことが8日、東電が報道関係者に​公開している社内テレビ会議の録画映像で分かった。

映像によると、昨年3月14日午後1時20分ごろ、東電広報班が​同社福島事務所からの依頼として「3号機の爆発に関するプレス(​報道発表)文に、福島県知事から『いま北西の風が吹いており、観​測された放射線量から健康に被害が出る心配はない』という文言を​入れたい、入れてほしいという話があった」と東電本 店非常災害対策室に連絡した。

対策室は健康被害に言及することに難色を示し、「(放射性物質が​風に)揺られて戻ってくることもある。拡散作用で薄くなっている​とは思うが(健康被害の心配はないと)言い切るのはリスキー(危​険)だ」と指摘。

「(首相)官邸に県知事からこういう意見が出てますと言っ てほしい」と回答して結局、報道発表資料に記載されなかった。


posted by 松田英貴 at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年08月22日

侍の国・・・日本


李明博大統領が竹島訪問後、「日本の国際社会での影響力は“昔と​同じではない”と述べ、日本の国力が落ちたとの認識を示した」(​8月13日付東京新聞)。

李大統領は日韓関係が少しくらい悪化しても、日本の力が落ちた今​、大した問題ではないと判断したはずである。

国力の低下、経済力の低下、そして何よりも外交力の低下である。​全てが自ら招いた結果である。まさに弱肉強食であり、弱い者(国​)は食べられてしまう・・・当たり前の結果である。

相手の出方を伺いながら行動するのも悪くはないが、時には攻撃的​になることも必要である。オバマ大統領の言葉「チェンジ」が必要​である。

実際に大きな変化が起こる前には、何かが崩れ去るのが普遍の法則​です。昨年の3.11地震を初め、ありとあらゆる出来事が日本に​起きています。

3.11の地震は日本にとっても国民にとっても「クォンタム・モ​ーメント」が訪れたことを示しています。この訪れが価値観を変え​る瞬間でもあるのです。このチャンスを手に入れることにより意義​あるものへとシフトできるはずです。

侍の国・・日本!簡単には死にませんぞ!

王なる王の出現を待ちます!

時は必ず来ます!


posted by 松田英貴 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年08月13日

2012年の世界地図から日本が消えた!?


<浜田和幸オフィシャルブログより引用>

浜田 和幸(はまだ かずゆき)
参議院議員。国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選を果たした。

アメリカのオレゴン州立大学の活断層海底調査研究所が地震予測を公表した。それによると、アメリカ西海岸にも東日本大震災と同様の巨大地震と津波の可能性が迫っており、その場合は今回同様、巨大な津波が日本に押し寄せるという。すでに危険時期に入って60年を経ており、巨大地震がいつ起こってもおかしくないらしい。

今後1年間の情勢を予測して、アメリカ海軍では「2012年の世界地図」を作成。なんと、そこではシアトルからロスまで西海岸がざっくりとえぐり取られている。さらに驚いたことに、わが日本は消滅しているではないか。

トモダチ作戦で日米の堅い絆を確認したのもつかの間、アメリカはついに日本を見限ってしまったのだろうか。

110613_worldmap.jpg


posted by 松田英貴 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年08月09日

ビル・ゲイツ「ワクチンは人口削減が目的」と語る


マイクロソフト創設者であり、世界で最も裕福な男の一人、ビル・ゲイツは、自らの非課税財団(ビル&メリンダ・ゲイツ財団)を通じて巨額の寄付をすることで、病気と戦い、アフリカの食糧不足を解決し、貧困を軽減している慈悲深い博愛主義者のイメージを醸し出している。

最近のカリフォルニアでの会議で、ゲイツは彼の慈善事業の目的を明らかにした。その目的とは、一般には殆ど認識されていないが、「人口削減」だった。「優生学」と言えばわかる人もいるだろう。

このカリフォルニア州ロングビーチで行われた招待客限定のTED2010会議で、ゲイツは、「ゼロへの革新」と題した演説を行った。2050年までに世界全体の(人間由来の)CO2排出量をゼロに削減するという科学的にバカげた提案をしたが、話を始めて4分半ほどで、こう断言した。

「何よりも人口が先だ。現在、世界の人口は68億人である。これから90億まで増えようとしている。そんな今、我々が新しいワクチン、医療、生殖に関する衛生サービスに真剣に取り組めば、およそ10〜15%は減らすことができるだろう。」

簡単に言えば、世界で最も強力な男の1人が、人口増加の抑制のためにワクチンを活用することを望んでいると明確に発言したのである。何ら力のない人間が話しているのではなく、実際にワクチン事業に大きな影響力を持つビル・ゲイツが言っているのだ。

エリートが集まった2010年1月のダボス世界経済フォーラムにおいて、ゲイツ財団は今後十年間に新型ワクチンを開発し、途上国の子供に送り届けるために、100億ドル(約75億ユーロ)を提供すると発表している。

数十億規模のゲイツ財団の最重視課題は、ワクチンであり、特にアフリカなど未発展国での予防接種である。ゲイツ財団は、世界銀行、WHO、ワクチン業界と提携して、GAVIアライアンス(ワクチンと免疫付与のための世界連盟)を創立している。GAVIの目標は、途上国の全ての新生児にワクチンを打つことだ。

それは高尚な博愛活動に思えるだろう。だが問題なのは、ワクチン業界は、西側諸国でワクチンの処分に困ると、危険な(つまり、検証されていないが故に安全でない、あるいは有害であることが判明している)ワクチンを、無知な第三世界の人々に向けて投げ捨ててきたことが何度もあることだ。

ワクチンの本当の目的は、人々を病気にすること、病気に感染しやすくして、早く死なせることにあると言っている団体もある。

信じるか信じないかは、あなた次第ではあるが、ビルゲイツの発言は紛れもない事実である。事実、ワクチンの病気に対する有効性は無いと言っている医者もいる。私はこの医者を信じる・・・


posted by 松田英貴 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年08月06日

映画『フード・インク』『ありあまるごちそう』


この2本の映画はお勧めである。スーパーにはありとあらゆる食材が所狭しと並んでいるが、生産者が儲かている話しは聞いたことがない。

また、世界中でごれだけの食材が廃棄されているか・・・こんなにも「ごちそう」があるのにも関わらず貧困により死んでゆく人も大勢いるのは何故か?

この映画を見れば、多くの謎が解けると同時に、スーパーで並ぶ食材も買いたくはなくなる。しかし、これが真実である。日本においても例外ではない。

映画『フード・インク』 2010年冬、全国順次公開

アメリカの食品産業の現状に警鐘を鳴らし、第82回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞にノミネートされアメリカで話題を呼んだ注目作。普段口にしている食べ物の生産過程-を追う中で、大量消費と大量生産の時代に農業や畜産業が巨大な生産工場と化した現実や、食の市場を牛耳る企業の実態を浮き彫りにする。アメリカの食事情に言葉を失うと同時-に、日本でも食品偽装問題など食の安全が問われる中、改めて食のあり方を考えさせられる一作だ。

オフィシャルサイト
http://www.cinemacafe.net/official/foodinc/



映画『ありあまるごちそう』 2011年1月より全国順次公開

徹底した利益追求とコスト削減主義から生まれた流通のグローバル化の影響を受けた食の分野において、需要と供給のバランスを大きく崩して貧富の差が拡大している現実を追っ-たドキュメンタリー。国連で活躍する飢餓問題の第一人者ジャン・ジグレール教授をはじめ、世界最大の食品会社、最前線で働く漁師、農家、家畜業者に徹底取材を行い、飢餓が-生まれるメカニズムを白日の下にさらす。飽食の時代に警鐘を鳴らす衝撃の事実に目を疑う。

オフィシャルサイト
http://www.cinemacafe.net/official/gochisou/


posted by 松田英貴 at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年07月26日

己の罪深さに、突然気づいた闘牛士


己の罪深さに、突然気づいた闘牛士

【転載記事】

少し前からネットを流れている感動的な写真です。

闘牛士が、戦いの途中で突然、「哀願する無垢な動物の目にいたたまれなくなり」、仕事を辞めてしまった、というものです。

自分の残酷さに、はたと気づいたわけです。牛もこの後、彼を、攻撃しませんでした。彼は、引退しました。

何だかこの写真、牛が、彼に、静かに語りかけているように見えませんか? テレパシーが通じてきているのかもしれません。

愛と調和のエネルギーが、日に日に強くなっています。

matador500x375.jpg



posted by 松田英貴 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年07月02日

有田とマツコと男と女


有田とマツコと男と女・・2時間スペシャル
7月5日(木)19:00〜

この番組に出ている予定です!

こんな感じの番組です・・・(イメージ)

posted by 松田英貴 at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年06月30日

「影丸穣也先生を偲ぶ会」


本日、「空手バカ一代」「ワル」「八墓村」などの漫画で有名な「影丸譲也」氏を偲ぶ会へ招待を頂き出席してまいりました。とても光栄に思います。

出版関係者はじめ、空手会の重鎮「山崎照朝氏」「佐藤勝昭氏」、新極真会代表「緑健二」氏、三好道場師範「三好一男」氏、正道会館「角田信朗」氏、作家・格闘技ジャーナリスト・ブルース・リー書籍の翻訳家で有名な松宮康生や生前の影丸譲也氏に縁のある方々、そして家族の方々がお集まりになられておりました。


027.JPG


影丸譲也氏と言えば、私の中では「空手バカ一代」しかありません。この漫画の影響で空手を始め、今日まで武道の世界に浸っております。多分、この漫画を読まなければ、今日の私は無かったでしょう。

とても感謝しております・・・有難うございます。

posted by 松田英貴 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年06月29日

愛とセックスの悩みを癒す 高橋直美先生


先日、とても素敵な女性とお会いしました。

彼女の名前は・・・高橋直美san・・・「愛の学校」ラブ・セラピスト・アカデミーの校長先生です。

そなな彼女は元風俗嬢・・・

21歳で結婚しましたが、セックスレス、不妊、流産を経験し離婚します。離婚後、、一念発起して風俗嬢に転身。独特の癒し系キャラで一躍人気になり、1000名以上の男性を接客。その経験から、男性の気持ち、女性の気持ち。両方を知るようになる。

現在、「愛とセックスの悩みを癒すラブセラピストNaomi 」として、世の男女の性の悩みを独自の視点から解決に導き『男性と女性が、愛のコミュニケーションで輝く社会をつくること』をミッションとして掲げている・・・そんな女性です。

愛とセックスの悩みを癒す「ラブセラピストアカデミー校長」Naomiのブログ
http://ameblo.jp/lovelesson777/page-5.html

待ち合わせは、麻布十番の4番出口、時間に到着すると、すでに彼女がいました。そして、彼女行きつけのカフェに行きテラス席で美味しいコーヒーと美味しいアップルパイを食べながらいろんなことを話しました。

話しの中心は、「草食系男子呼ばれていた決して積極的ではない現代の男性」について・・・

彼女は「もてない男の恋愛講座」の講師としても有名であり、数々の「もてない男」を「もてる男」へと変身させています。私も以前かろのミッションの一つに「草食男子を肉食男子へ・・・」を掲げていましたから、短時間で意気投合です。

よく、「最近は女性が強くなった」と言いますが、実はそうではなく、男性が弱くなっただけです。世の中は、ある一定のパワーバランスによって実に上手くコントロールされています。勿論、男女のパワーバランスもその一つです。

そのパワーバランスによって、自然と「弱肉強食」の世界が生まれ、強い者だけが生き残り、子孫を繁栄させる権利を得ることができるのです。しかし、見ての通り、そのパワーバランスが崩れ、男性が弱くなったた分、女性が強くならなければダメな状態へと変化しました。

それはなぜなのかと考えた時に、日本は男女の「性」についての考え方が、良いも悪いも独特ではないかと感じます。周りを見渡せば、男性が「欲求」を開放するための、物(アダルトDVDなど・・)や場所(風俗)がとても多いことに気づきます。

それが、性犯罪を抑制しているという人もいます。確かに間違いではないのですが、反面男性を甘やかせているともとれます。なぜなら、お金さえ払えば、ほとんど努力もすることなく、自分の欲求をある程度は満足させることができるからです。

男性の欲求を司るテストステロン(男性ホルモン)は、独占欲や所有欲を増進させるホルモンでもあります。男性がsexに臨む際には「この女性を物にするぞ!」とテストステロンが作用しています。

本来、男性は子孫を残すために、できるだけ多くの女性とsexをしたいという本能を持っています。即ち、彼女が欲しい=「やりたい!」と思った瞬間がスタートであり、射精がゴールなのです。そして、コールテープを切った男性は次のスタートラインを探し始めます。

※女性は逆で、体を許した、sexが終わった瞬間がスタートとなります。言葉や態度と裏腹に「この男性とSEXするは、将来安定した生活が送れそうだから」「この男性なら子どもを一緒の育ててくれるだろう」などと脳が倫理的納得して全てをさらけ出すのが女性との徴です。

アダルトDVDを見たり、さまざまな男性諸君を満足させる風俗で大部分の欲求は満たされます。従って、女性を一から口説く→お金を使う→ホテル→sexといった非常に時間がかって面倒くさいことをしなくても、自分の好みの女性と楽しく過ごしsexできるのです。

しかし、このことが世の男性を軟弱にしていると言っても過言ではありません。無理をしなくても「目的」は果たせるわけですから、こんなに都合のいいことは他にはありません。

直美さんに、こんなエピソードを聞きました。「デート当日、女性はお泊り気分。終電も無くなり、これからホテルへ直行かと思いきや、ホテルに行かず満喫で一夜を明かすことに・・・最悪」

「えっ?」と思うかもしれませんが、これって不思議でもなんでもないのです。男性の方から「そろそろ終電だね、帰ろう・・」こんなことも全然有りなわけです。確かに女性を気遣う意味では、終電を気にかけてあげるのは必要だと思いますが、その辺は雰囲気を読みながら判断をしなければなりません。

こんなこともあります・・「終電が無くなり、ホテルには行ったが、何もされることなく朝を迎える」これも不思議ではありません。他にも、勝負デート当日、男性が先に酔いつぶれ、女性が朝まで介抱。

しかし、こんな男性も全く欲求が無いわけではなく、アダルトDVDを見ながら、せっせと「自家発電」を行っているわけです。

今から20年程前に、某大学の教授が、その頃すでに大学の生徒の中に、彼女ができたとしてもsexまでに至らない男が結構いる。その大半は、アダルトビデオを見て処理をすることにより満足を得ている。このままでは、日本は必ず少子化により子孫を絶たれると言っていましたが、まさにその通りになりました。

このような世代に育った男性が結婚したとしても「夫婦の営み」があるわけがありませんから、近い将来、必ず少子化に陥るのが当たり前です。結婚はあくまでも体裁を考えたスタイルにしかすぎないのです。

人口推計(平成23年10月1日現在)結果によりますと、日本人人口は1億2618万人となり,前年に比べ20万2千人(0.16%)と大きく減少しています。因みに男性は(0.23%)減少,女性は(0.17%)減少しており、確実に男性の方の減少率が多くなっています。

多少、男性の減少率が多くなったとしても、繁殖力の高い男性が多くいれば、アザラシの世界のように、一夫多妻制により子孫の存続を促すことはできますが、今の日本の男性のように、「自己処理」で満足しているようであれば、子孫の存続は極めて難しいと言えます。

日本人滅亡の危機です!

posted by 松田英貴 at 18:23| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary

2012年06月08日

大飯原発の再稼動の本当の理由


ガス拡散法によるウラン濃縮のOEM生産工場としての日本

日本での原発再稼動は、電力ではなく、濃縮ウランの供給を要求するアメリカ企業の圧力があるからだ。日本の電力会社は、アメリカでの濃縮ウラン生産の生産拠点となっていて、アメリカ製濃縮ウランのOEM生産を請け負っている。

アメリカは、1978年の核非拡散法で、プルトニウム生産の増殖炉研究を停止したが、日本に、古い設備であるガス拡散法による濃縮ウラン製造の増殖技術の設備と技術を売り渡し、濃縮ウランのOEM生産を秘密裏にさせた。

ガス拡散法は、加圧ポンプ、吸引ポンプにより圧縮、膨張を繰り返すために、発生する熱を除去する、冷却設備が必要となるために、電力消費が非常に大きい。このために、原子力発電所内で、ガス拡散プラントを併設するのは合理的である。

遠心分離法ウランは電力消費量がガス拡散法の約1/50と大幅に少なく2010年代にはガス拡散法による既存のウラン濃縮工場は全てなくなると予想されている。

商業用の濃縮ウランの生産は表向きは民間事業者が行っている。アメリカは、1978年の核非拡散法で、プルトニウム生産の増殖炉研究を停止したが、日本の電力会社にOEM生産させるために、ガス拡散法によるウラン濃縮技術を売り渡した。

濃縮ウランと劣化ウランの搬出は、使用済み核燃料の処理をフランスで行うとして、アメリカ経由で海上輸送のルートを構築し運搬した。

日本の核事情や、アメリカ国内の安全保障や核非拡散の関係で、この契約は極秘事項とされていたが、3.11の東日本大震災で福島第一原発で事故がおき、ガス拡散法設備のある四号機が無傷で残ってしまった。

アメリカは、四号機のガス拡散法設備の存在が明るみになるのを恐れ、ミサイルで設備のある4階を爆破した。福島の四号機は、3号機の水素が流入したために爆発したのではなく、ミサイルによる爆破である。

四号機の爆破の前には、自衛隊の科学防護体が撤退をしており、ミサイルによる爆破は日本側も知っていたのでだろう。朝6時の爆破後火災が発生するが、はじめて米軍が消火活動に参加する。(なぜ、4号機のみの消化活動が米軍だったのか?)

大飯原発の再稼動は、濃縮ウランの供給を要求するアメリカの圧力があるからだ。

o0447041012010614651.png


o0450043012010614650.png


上の写真と下の写真の違いに気がつきますか?


posted by 松田英貴 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年05月28日

フェイスブックはCIAが考案


CIA長官補佐「フェイスブックはCIAが考案し、目的は全世界個人情報収集」

CIA長官補佐のクリストファー・サーティンスキー氏は、国土安全保障省の報告会にて「大衆マインドコントロールを密かに実行することにより、大衆は自らインターネット上にメールや写真、電話番号などの個人情報を自ら提供してくれる。フェイスブックこそ我々がネットを開発した目的であり、このシステムにより全世界の個人情報収集が可能となる。これでCIAの長年の夢がかなった」と語る。

さらにフェイスブックの創始者のマーク・ザッカーバーグは、CIAメモリアルウォールでの表彰式で、「フェイスブックはこれまでに作られたものの中で、最も強力な大衆操作ツールだ」と堂々と発言した。フェイスブックユーザーはCIAのカモになっているということです。




posted by 松田英貴 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年04月09日

松田優さんとともに・・・


先日、俳優の松田優さん、木村圭作さんのガチンコライブ「般’若」を見てきました。松田優さんとは、共通の知人がおりますが、あることをきっかけにライブへのご招待を受けました。

当日、感激の歓迎を受け、その後30分ほど、お話をする機会を設けて頂き、今後の映画や舞台に関するビジョンを聞かせて頂きました。松田優さんにも、私の仕事の世界や私自身にも大変興味を持って頂いたことに感謝しております。

今後、映画や舞台などでご一緒できれば最高ですね!

ライブは、笑いあり、感動ありの、とても見所のあるライブでした。観客との一体感と、距離のない感じが印象に残りました。内容は4部構成で、一部一部をとても大事に全身全霊を込めた演技が伝わってきました。

これからも、私なりに精一杯応援させて頂きたいと思っております。

086.JPG


松田優 オフィシャルブログ 男達の挽歌
http://ameblo.jp/masaru--matsuda/

WILDTHING OFFICIAL
http://www.wildthing.co.jp/


posted by 松田英貴 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年04月03日

松田優&木村圭作のガチンコライブ


松田優&木村圭作のガチンコライブ

演劇ユニット「般"若」バンニャ

o0400028311112907417.jpg


2012年4月7日(土) 
秋葉原スタジオ Tera-coya「般"若」バンニャライブ開催!

私一押しの俳優です!是非とも見に行って下さい!


posted by 松田英貴 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年03月15日

ホークB計画


2000年に私が出演した香港のアクション映画である。原案、主役を務めた澤田健也さんは、ハリウッド映画「ストリートファイター」でジャン・クロード・バンダムと共演している。また、ジャッキー・チェンとは友人であり、数々のジャッキー映画で共演をしている。

『ホーク/B計画』(ホーク/ビーけいかく)は、日本と香港合作のアクション映画。某カルト教団をモチーフにしたということで、日本公開が一時延期された作品。日本での公開は2000年9月30日。2001年6月25日にDVDが発売された。
imagesCAVB1A8R.jpg

スタッフ

監督:ブルース・ロウ
原案:澤田謙也、ブルース・ロウ
製作総指揮:レナード・ホー、宮本雅史、鈴木尚
脚本:リビュー・リー
音楽:松本晃彦
製作者:チャイ・ラン、坂井昭夫、澤田謙也
テーマ曲プロデュース:ASKA
配給:アートポート、JCA

posted by 松田英貴 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年03月07日

CAFE & BAR DELIGHT


00logo.gif


00mainimg.jpg


CAFE & BAR DELIGHT
http://www.delight-tamagawa.com/

CAFE & BAR "DELIGHT" 1-55-14, Den-en-Chofu, Ohta-ku, Tokyo 145-0071 Phone & Fax : +81 3 6459 7733

posted by 松田英貴 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年02月18日

アジョシ Ajeossi


韓国映画 アジョシ Ajeossi

最近見た映画だが、私としてはなかなか良かった。

最後は以外と感動的に終わる・・・



元・特殊要員のテシク(ウォンビン)は質屋を営み細々と暮らしている。彼を訪ねてくる人は、質屋に物を持ち込む人と隣に住む少女ソミ(キム・セロン)だけ。ソミはテシクを「アジョシ」と呼び慕い、テシクもソミに心を開いていく。そんなある日、ソミの母親が犯罪事件に関わり、ソミも一緒に拉致されてしまう。テシクはソミを救うため、一人で組織に乗り込んでいく。


posted by 松田英貴 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2012年02月14日

'I AM BRUCE LEE' OFFICIAL FILM TRAILER


'I AM BRUCE LEE' OFFICIAL FILM TRAILER



米国で2月9日から限定公開される最新ドキュメンタリー「I AM BRUCE LEE」

様々なジャンルの有名人へのインタビューを通してブルース・リーの魅力に迫るドキュメンタリー映画。予告編動画は既に見ることが出来ますが、公開は2月2日と15日の2日間のみらしく、しかもレイトショー。

残念ながら日本での公開は期待できない。

残念!!

posted by 松田英貴 at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

THRIVE


これから、人類は何をすべきか、答えはTHRIVEにある・・・

Thrive.jpg


http://player.thrivemovement.com/simple_player/2?user_token=57520222lz21hs&lang=ja&lang=ja

THRIVE 公式ホームページ http://www.thrivemovement.com/


posted by 松田英貴 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
spacer.gif
spacer.gif