2012年10月04日

警察官に実戦的な技術を!


私のもとで技術習得をしているほとんどは、現役警察官(機捜、機動隊、警察特殊部隊SAT/SIT)、現役自衛官(航自、陸自)、現役消防官など、国の治安や生命を守る人達で占められている。

内容としては、逮捕術をはじめ、CQCやCQBといった接近戦における戦闘技術である。当然ながら、それそれの訓練機関でも教えているが、技術的にも現在起こりうるテロや凶悪犯罪に対しては対応できないのが事実である。実際、習得を望む人達の全てが技術に不安を感じていると言っていた。

だから、習いにきているのだが・・・

imagesCA109SYG.jpg


私も過去に、警察官がナイフを持っている暴漢に対応しているのを見かけたことはあるが、なんともお粗末であった。警棒を片手に何もできないでいる。なんとか、数人の警官が応援にきて事無く終えたが適切な行動とは思えない。

事件を解決するには、初動捜査が肝心だと言われているが、こ。のような状況下においても同様の事が言える。犯行に要する時間が長くなれば長くなるほど、状況は確実に悪化する。良くなることは絶対にない!

まして、ナイフを持った輩に対しては尚更時間をかけてはならない。当然ながら、状況を把握しない野次馬が集まってくる。その野次馬の誰かが人質になる可能性も否めないのである。そのような状況を回避させるためには、輩の行動を先読みしながら、できるだけ早い時間で対応、解決に至る必要性がある。

もしかして、マニュアルには一人での対応は禁止されているかもしれないが、被害者から見れば・・・「なんで早く助けてくれないの?」と思うだろう。時間が経過すればするほど、輩は興奮状態に陥る。確かに、一人で対応することは危険な行為ではあるが、国民の安全と生命を守ることが警察官の使命なはずであるから、本来は身を呈してでも国民の生命を守ることが使命だと思うのだが・・・違うのだろうか?

それを考えれば、今そこにある危機に対して、自分が取る行動は何かと考えれば警察官らしい行動が取れるはずだが、そこには「個人の行動より組織の行動を優先」があるのだろう。ドラマ「踊る大走査線」がそれらの状況を物語っている。

まあ、問題はこれだけではない!最も大きい問題は技術力の低下である。私の友人の多くも以前警察官であったり、現役の警察官も多くいるが、彼らに警棒を上手く使えると聞いたら「使えない」とはっきりと言い切った。

実際、習いに来ている警察官に警棒振らせると、なんともお粗末な振りで困ってしまう。多分、警棒の有効性を全く知らないのだろうと思う。警棒の練習にかける時間もそんなに無いようだが?だからと言って全く振れないのも問題である。

また、素手に対しても同様であり、実戦で必要とされる技術の習得がなされていない。これについても聞いたことがあるが・・・答えは「実戦には不向きだと思います」・・・そんな言葉が返ってきた。

だから、習いにきているのだが・・・

これら、全ての問題が犯行現場の警察官の一連の行動となってしまう。

これでは、国民は不安である・・・正義の味方のはずの警官がこのような姿であれば・・・トホホ

もっと、警察官には自信を持って行動して欲しいと思いますね!

そして、自分の技術力を高めることに真剣になって頂ければと思います・・



posted by 松田英貴 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 護身

2012年10月02日

ナイフディフェンス実戦講座


近年、日本における犯罪で一際多くなっているのがナイフなどの刃物による殺傷事件である。日本においてナイフはともかく、刃物の購入は特別な許可書無くしても購入できる。この点においては、欧米諸国より規制が甘いのが事実である。

地域によっては銃より規制の厳しい州もあるくらいなので、状況によっては銃より殺傷能力も高いと言われている。事実、一方がホルスターに銃を保持した一般レベルの警官と、もう一方が刃物を所持した人間が合図とともに攻撃加えようとした場合どちらが早いかという実験を行った。(距離は6Mとする)その結果、早かったのは刃物を持った人間であった。

刃物を持って勢いよく突進した場合、1秒ほどでその距離を縮めることができる。この事から、欧米での警官の殉職は銃より刃物の方が多いという報告もある。

確かに刃物は、家庭のどこでもあり所持するにも簡単で見つかりにくい。また、近くまで近づいてきたときにはすでに刺されているケースが大半である。だからと言って刺されるがままになる必要もない。

刃物の特性を知り、対処方法により殺傷する確率を十分に低くできる。それのより、本来であれば死ぬような状況下でも十分助かる可能性も増えるのである。

秋葉原で起きた無差別殺傷事件は記憶に新しいが、その現場で犠牲になったほとんどの人は何もできずに刺され重症を負ったり、亡くなったりした。もし、このような現場に巻き込まれた場合でも対処方法を知っているか知っていないかで生死の明暗は明らかに分かれる。

しかし、あれほどの事件が起きたとしても傍から見れば他人事である。悲惨な事件と傍観するも、自分の身にはふりかかるはずがないと思い込んでいる・・・ではなく、起こってほしくないから考えたくないだけである。

そして、もう一点ある・・・「誰かが必ず助けてくれるはず」である。これこそがトンデモ話である。確かにその現場に遭遇した人はなんとか警察には連絡はしようとするが、決して助けようとはしない。なぜなら、人の命より自分の命の方が大事だからである。

そんじゃそこらに自分の命をなげうってまで、全く血縁関係もない他人のために・・・なんて考える人は、果たしているでしょうか?もしかしたら、血縁関係であっても己の身を呈してまで助ける人なんてないかもしれません。

私が武術やナイフディフェンスを身につけたのは、仕事のためではなく自分のためです。イカレタ人間に無意味に刺され死ぬなんて納得がいくでしょうか?また、家族との楽しい一時を過ごしている時に突如とナイフを持っているイカレタ人間が家族にもう突進してきたとしたらどうしますか?

例え逃げたとしても、幼い子どもを連れてでは早く逃げることはできず、いつかは追いつかれ被害者となり、翌日の新聞記事のトップに掲載されます。もし、そんな時でもナイフデイフェンスを身につけていたとしたら、家族の命は救える可能性は非常に高いのです。

あれだけ、テレビや新聞等で取り上げられた悲惨な出来事があったのにも関わらず、ナイフディフェンスを積極的に習得しようとする人はほとんどいません。欧米ではそのような事件が起きると入会待ちが出るほどの人が集まるそうです。

まあ、率直に言えば危機感の欠如以外に考えられません・・・

不思議な国民です・・・

自分の身は自分守る!自分の家族は自分が守る!

この気持ちは絶対に持って頂きたいと思います!

そのような背景もあり、日本護身協会ではナイフディフェンス実戦講座を開催しします。

ArMN_048.jpg


内容
@基本的なディフェンステクニック
Aデイフェンスからオフェンスへの転換方法
Bトレーニング方法

※一般的な護身教室で攻撃に対する防御方法しか教えません。しかし、攻撃方法を熟知していなければ正しい防御方法は決して学ぶことはできません。

日本護身協会では、その考えに基づき一般人に対しては初めてとなるオフェンステクニックを紹介します。参加人数にも限りがありますので、この機会に是非とも受講し習得して頂けると幸いです。

ArMN_053.jpg



詳細は護身協会公式ブログ見て下さい。
http://ameblo.jp/goshin-jp/


posted by 松田英貴 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 護身

2012年08月14日

近代護身術 CQC-Method


今日の暴力犯罪は、いつどこで何が起きるか、そして巻き込まれるかわかりません。かつての安全神話はとっくの昔に崩れ去り、思いもかけない時に殺人が起きたり、強盗に遭遇することも珍しくありません。

もし、そのような犯罪者に襲われた場合、貴方は一つの冷酷な事実に直面します・・・その事実とは「助かるかどうかは、最初の数秒間に貴方がどうするかにかかっている」ということです。

そのような状況に遭いたくない多くの人は格闘技や護身術を習い身の安全を確保しようと努力します。そのことに関しては否定もしませんし、素晴らしいことだと思います。

また、今日直面しつつある凶悪犯は、昔は存在しなかった新しいタイプの犯罪者です。彼らはいとも簡単に大胆な行動で犯行に及び、他人の命対して無関心です。

もし、このようなタイプの犯罪者に狙われたとしたら、従来の格闘技や護身術は全く通用しません。格闘技に至っては決められたルールの中で戦うため、ルール無しの犯罪に対しては何の効力も発しません。まして、そのルールが判断を鈍らせることに繋がります。

私の知る格闘家も路上でナイフを持った輩に襲われときになす術もなく刺されてしまいました。命に別状はありませんでしたが致命傷を負うこととなりました。当然と言えば当然でしょう。なぜなら、格闘家はあくまでもリングで戦うことを前提してトレーニングを積んでおり、ナイフを持った輩に対しては何のトレーニングをしてないわけです。

一般の方も、日常生活においてナイフをもった輩に襲われることは確立から見ても宝くじの一等賞を当てるよりはるかに難しいでしょう。しかし、そのような輩に全く遭遇しないとも限りません。もし、万が一そのような輩の遭遇した場合、貴方は何をするでしょうか?

多分、大半の方はなす術もなく刺され死に絶える可能性の方が高いのです。護身術に至っても、従来のような決まり決まった方法でのトレーニングは役にたつどころか、最悪の結果を生む可能性も秘めています。

多くの護身術はディフェンス(防御)に徹したトレーニングしかしません。例えオフェンス(攻撃)のトレーニングしていたとしても、とても中途半端なものばかりです。もう一つ言えるのが、護身術のほとんどが何故か素手を対象としている点です。これは日本独特かもしれません。

襲ってくる輩が素手である可能性は相当低く、何らかの凶器を持っている可能性の方が高いわけです。考えても見て下さい。もし貴方が犯罪者だとしたら何を考えどのように行動しますか?

襲った相手が抵抗する可能性が十分あります。そのような相手を言いなりにさせるには何をしますか?

襲われる相手も必死で抵抗しますが、襲う輩も必死なのです。その必死な状況の中にはルールはありません。このような状況下の中で何をするかがとても重要となります。

imagesCA109SYG.jpg


私は多くの経験則の中から見出したことがあります。

それは、ルール無用の何でもありの護身術です。そもそも、私の使用している技術は「対テロリスト」に対して使用されている技術のため、一般の人達にとっては不必要と思っていました。しかし、近年の犯罪を見る限り、犯罪行為としてはテロリストと何ら変わりが無いと思い、技術の一部を一般の方に公開しようと考えています。

一部(基本編)はDVDとして販売されています。


posted by 松田英貴 at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 護身

2012年07月07日

CQC-Method


Tactical Fighting CQC-Method Training Manue

Multiple Offence System
Hand To Hand Fighting

■ Elbow and Knee Technique
■ Kicking Technique
■ Basis Locking / Restriction Technique
■ Grappling Technique
■ Dirty Trick

Multiple Defense System

■ Punching
■ Elbow and Knee
■ Kicking
■ Choking / Hold / Restriction
■ Throwing
■ Multiple
■ Escape
■ Simulation Training

Weapon Defense Course

■ Handgun Defense
■ Rifle Defense
■ Knife Defense

Knife Defense Course

■ Multiple Knife Defense
■ Effective Disarmament
■ Numbering System
■ Simulation Training

プライベート・レッスンを希望の方は、下記メールアドレスにご連絡下さい。
le_hashlim@yahoo.co.jp


posted by 松田英貴 at 23:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 護身

2012年04月05日

日本護身協会公式メールマガジン


日本護身協会公式メールマガジン

日本護身協会では、学校では決して学ぶ事の出来ない危険を回避する為のテクニックを指導しています。警察官や自衛官が学ぶような本物のテクニックを身につけてみませんか?

image.png


http://www.kikenkaihi.info/


posted by 松田英貴 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 護身

2011年06月09日

素人実戦護身術・・・喧嘩マル秘テクニック


私は、主に現役の警察官や自衛官、そして警備関係者の方に、CQCやCQB、逮捕術などを指導をしているが、月に一度だけ素人の方に護身術や効果的な喧嘩のやりかた(?)を教えている。言葉の通り、武道や格闘技の経験がほとんどない素人が対象である・・・

よって、参加者の顔ぶれは・・・過去にイジメに遭った人、喧嘩に負け嫌な思いをした人、上司や部下に都合のいいように扱われ毎日憂鬱な思いをしている人、自分の思うことがなかなか言えない弱気な人など様々である・・・当然ながら純粋に喧嘩に強くなりたい人もいる・・・

街中にも空手や柔道、合気道などの武術系の道場や総合格闘技道場もあるが、私もそうだったように、それらの人達にとっては入門するだけども勇気がいる。当然である・・・どんな人がいるのかもわからない・・・いい人ばかりがいるとも限らない・・・中には陰険な人もいる・・・稽古だって厳しいだろう・・・

しかし、本スクールは違う・・・みんな素人・・・ほとんどの人の目的が同じであり、似たような境遇の人達ばかりだからリラックスしながら練習できる。決して厳しくはない・・・楽しみながらできるのも一つの特徴でもある。厳しいから強くなるわけでもない・・・根性で喧嘩が強くなるわけでもない・・・

「喧嘩は根性論ではなくテクニックである」そして・・・「勝つことではなく、負けない方法を学ぶ」・・・

今から26年前、極真会が全盛の時期に本部道場で稽古していたことがあったが、なんとなく私にはその雰囲気が嫌いだった・・・自由に練習さえできなかった。そんなこともあり、極真会を1年程で退会して「芦原会館」に入門した・・・決め手は道場の雰囲気であった・・・道場には音楽が流れ、先輩と後輩が和気藹々に練習をしていた。

先輩は決して後輩をいびることもなく、親切丁寧に指導していた。創始者であり館長でもあった「ケンカ十段の芦原英幸」も弱いものイジメがとことん嫌いな人であったため、後輩イジメをしている人の情報を耳に入れると、みんなのいる前でこてんぱんに扱かれる・・・見せしめである・・・

だから、驕るような人はほとんどいなかったように思える・・・

本スクールもそんな雰囲気の中で練習をする・・・本スクールで習得する技術は、警察や自衛官などに教える特殊な技術を素人向けに改良したサバイバル・テクニックであり、・・・よって、ルールなどは無く、いかに実戦において負けることなく生き残るかの技術である・・・

よって、テクニックや新体操作さえ身につければ、パワーがなくとも戦いを有利にすすめることができる・・・当然ではあるが、一筋縄には習得できはしないが、理論が理解できれば進歩も早い・・・

対象が素人だからといって、バカにしてはいけない・・・内容はプロが学ぶ以上の実戦技であり、素人が学びたくても学べない技術ばかりである・・・

テクニックを学ぶ以外にも、シミュレーション・トレーニングやライト・スパーリングも行う。目的は「自分自身を今より深く知る」ことと「恐怖心の克服」である・・・テクニックを学んでも恐怖心は克服できない・・・恐怖を乗り越え、進んで犠牲を払い、最終的に負けない人間になることである・・・

トレーニングが終わった頃には、必ず違う自分を知ることができる・・・本来、男には闘争心があるが、現代においては闘争心が不必要となり、何事においても揉め事を避けて通ろうとしているが、男には人生において避けて通ることのできないことだって起きる・・・逃げてばかりいれば、本当に守らなければならない何かがあったとしても、守ることなく逃げることになる。そうなれば、一生逃げて生きることになり、常に恐怖が付き纏う人生になる・・・

しかし、何かのきっかけで闘争心のスイッチが「ON」になれば、逃げまとう人生から脱却できる・・・そんなきっかけを、このトレーニングで学ぶことが大切である・・・

終了後は参加者と飲みケーション!参加者の9割が参加という凄さです!

今月も開催されます!

ちなみに私は基本的にはプライベート・レッスンのみでしか教えていません!

詳細は・・・le_hashlim@yahoo.co.jp にメールを下さい!

posted by 松田英貴 at 21:28| Comment(0) | 護身

2010年11月22日

Tactical Fighting Method


imagesCA109SYG.jpgTactical fighting Method は、諸外国や紛争地帯での経験から、諸外国のセキュリティ会社や民間軍事会社協力の下ボディーガード格闘術として構築された実戦的なシステムである。

その技術はテロや凶悪犯罪における様々状況を想定した実戦的なタクティカル・システムとして注目を集め、一部の警察官や警察特殊部隊(SIT/SAT)、自衛官、ボディガードなど、治安や防衛、セキュリティ業に従事するプロフェッショナルから高い評価を受けております。

その、実戦的なシステムが一般の人々から高い注目を集めたことで、そのニーズに答える形で技術の一部を一般公開する運びとなりました。これをきっかけに、一般の方々に習得して頂き、「自分の身は自分で護る」意識を持って頂ければと思っております。

お問い合わせ:le_hashlim@yahoo.co.jp
posted by 松田英貴 at 11:42| Comment(0) | 護身

2010年10月03日

女性のための護身術


最近、多くの女性から護身術を習いたいと連絡を頂きます・・・そこで、護身術を習おうとしている女性に知っておいて欲しいことがあります・・・

女性のための護身術とは「女性は男性より腕力が弱いので男性に教える場合とは異なる」という理由からではあるが、犯罪から身を守るには身体的な能力より精神的な強さが必要でありこれは男性も女性も変わりません。

護身術セミナーなどで、暴漢に襲われたら何をすれば良いかの質問に対して「心の安定を維持しなさい」「過剰反応をしない」「落ち着きを保ち相手の指示に従い隙があれば逃げるなさい」「相手が何をしたか覚えておきなさい」などを教えるところもありますが、これらのアドバイスは犯行現場では全く役に立ちません。

彼女達が特殊な訓練を受けていない限り、そのような状況下においてとっさにそのような判断ができるはずがありません・・・たいがいの人はショックにより声もでず何もできないのが現状です。

レイプ犯の多くは何度も犯行を繰り返している常習犯であるため、相手の反応も想定内であるため、レイプ犯に対しては通常の防犯具や即席の護身術で撃退できる可能性はまったくありません。

従って、すぐに使える女性の護身術などというものは存在しないということです。

posted by 松田英貴 at 11:59| Comment(0) | 護身
spacer.gif
spacer.gif