2013年08月27日

小泉元総理が脱原発発言!


小泉元首相は8月中旬、三菱重工業、東芝、日立製作所の原発担当者幹部やゼネコン幹部計5人と、脱原発のドイツと原発推進のフィンランドを視察した。その時、ある幹部が道中、次のように小泉首相に言ったと言う。

「あなたは影響力がある。考えを変えて我々の味方になってくれませんか・・・」

「オレの今までの人生経験から言うとね、重要な問題ってのは、10人いて3人が賛成すれば、2人は反対で、後の5人は『どっちでもいい』というようなケースが多いんだよ」

それに対し、小泉首相は、「いま、オレが現役に戻って、態度未定の国会議員を説得するとしてね、『原発は必要』という線でまとめる自信はない。今回いろいろ見て、『原発ゼロ』という方向なら説得できると思ったな。ますますその自信が深まったよ」

「脱原発、行って納得、見て確信!」「原発ゼロしかないよ!」


「(今すぐゼロは暴論という声が優勢ですがとの問いに)逆だよ、逆。いまゼロという方針を打ち出さないと将来ゼロにするのは難しいんだよ。野党はみな原発ゼロに賛成だ。総理が決断すりゃできる」

「戦は撤退がいちばん難しいんだよ。撤退が。昭和の戦争だって、満州から撤退すればいいのに出来なかった。『原発を失ったら経済成長できない』と経済界は言うけど、そんなことはないね。昔も『満州は日本の生命線』と言ったけど、満州を失ったって日本は発展したじゃないか」

「必要は発明の母って言うだろ?敗戦、石油ショック、東日本大震災。ピンチはチャンス。自然を資源にする循環型社会を日本がつくりゃいい」

しかし、このようなエピソードがあったと言うのに、マスコミは一切伝えようとはしない。

posted by 松田英貴 at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/73498421

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif