2013年05月22日

愚民の国・・・日本


かっての日本(戦前)において、「修身教育」という素晴らしい教育が施されていた。これは、日本人の精神形成の中心な役割として、吉田松陰を始め、勝海舟、加藤清正、米国初代大統領ワシントンなど、古今東西の偉人の話が載っていました。

そして、その方々の具体的なエピソードを通して、"正直"、"勤勉"、"正義"、"公益"などの徳目が教えられていました。いわゆる「道徳教育」です。この道徳教育を通じて、あらゆる世代間で、共通の道徳観を持つことができたのです。

修身の教科の主な内容
「家庭のしつけ」「 親孝行」「 家族・家庭」「 勤労・努力」「 勉学・研究 」「創意・工夫」「 公益・奉仕」「 博愛・慈善」「 資質・倹約 」「責任・職分」「 友情」「 信義・誠実」「 師弟 反省」 「正直・至誠」「 克己・節制」「 謝恩 」「健康・養生」「愛国心」 「人物・人格」「 公衆道徳」「国旗と国家」「 国際協調」・・・などです。

これらが、現代社会で言われる「一般常識」の基本となった内容であり、日本人が遠い昔から受け継いできた、豊かな感性と伝統的道徳観が込められており、人が生きてゆく上で心がけるべき徳目述べられていました。

これらが、日本人たる「躾」の根幹となった教えだったと思います。しかし、戦後(昭和20年12月31日)の占領軍命令において「修身、日本歴史及び地理停止に関する件」で授業の終了と教科書の回収が決定され、日本の教育の現場から姿を消してしまいました。また、普通教育課程の修身、国史、地理の授業も禁止されました。

以降、現代社会においては、これらの「徳」は教えられることはありません。そのせいか、家庭や学校においては「個性」を重要視するようなりました。その結果、日本人の心は荒廃し、今まで先人が築いてきた文化や歴史、そして慣習をも捨て去りました。

特に人を敬い学ぶという謙虚な徳を失ってしまいました。子どもから大人までもが、礼儀を忘れ、目上や長老に対する尊敬の念を忘れ、情に任せ言いたいこと言う。自分の無知を棚に上げ他人のアラを探しばかりしてこき下ろす。

他人より自分。謝る前に言い訳をする。常識と言えば一般常識ではなく個人の常識。思うことは限りなくあるが、とにかく道徳観なんてものはまるでない。荒れ果てている。

日本人が日本人で無くなった日、日本人が日本を捨てた日・・・昭和20年12月31日

その日を皮切りに、連合国軍最高司令官総司令部(略称GHQ)が日本占領と国民の思想改造のため「愚民政策(日本解体)」を導入しました。しかし、日本人、はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合しました。

この、愚民政策に使われた戦略の代表例が「War Guilt Information Program(略称WGIP)」と呼ばれ、GHQが、日本占領と国民の思想改造のために導入した政策で、その主な目的は、戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけることにありました。一言でいえば日本人の精神破壊、頭脳改造のもくろみであります。

GHQは基本戦略として「3R」「5D」「3S」という3本の柱を建てました。

「3R」とは(Revenge=復讐、Reform=改革、Revive=復活)です。

この3R作戦で旧日本帝国が絶対に再建できないように徹底した監視を行い、GHQに敵対心を持つ者を厳しく取り締まりました。この3Rを関わることや連想されるこについては徹底的に排除されてきました。映画でも芝居でも復讐や仇打ちものは上演できませんでした。

「5D」とは(Disarmament=武装解除、Demilitalization=軍国主義排除Disindustrialization=工業生産力破壊、Decentralization=中心勢力解体、Democratization=民主化)の敬称です。

旧華族や大政翼賛会的結社の解体、財閥の解体、地主制度の廃止などが徹底的に行われ、軍艦や飛行機、戦車、銃火器などを造っていた工場も全て取り潰されてしまいました。戦力や国力となるものを全て奪い、従順で大人しい家畜(奴隷)にするためです。また、武術もこれらの対象となり「武道禁止令」が発布されました。

しかし、取り締まり弾圧するだけでは国民の不平不満が溜まり、暴動やテロを誘発する可能性があります。国民の鬱屈した不満のガス抜きのために3Sを推奨したのです。

「3S」とは(Screen―映画 Sport―スポーツ Sex―性産業)

この政策により、映画やエンターテインメントが興隆し、プロ野球をはじめとするスポーツが国民行事となり、スクリーン(映画)、スポーツ、セックス或いはスピード(オートバイ)は大衆の熱狂を掻き立て政治や経済に目を向けさせないようにして、価値観を倒錯させ、国民の精神を頽廃させることが目的でした。

ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」は今なお、文科省や全国の教育委員会、日教組などの教育行政にしっかりと埋め込まれていて取り除くことができないようになっています。戦後65年、この忌まわしいプログラムを学校教育から取り除こうとする政治家、教育者は一人もいません。

戦後教育を受けた者はすべて、日本人は犯罪者だ、人殺しだ、朝鮮中国に酷いことをしたと、刷り込まれ、自国の歴史がすべて間違っていたと子供に教育するありさま。

ちなみに、このプログラムを積極的に利用して反日活動の道具にしているのが韓国と中国です。従軍慰安婦賠償や南京大虐殺の非を喚きたてる。それに対して日本政府は土下座外交を続け、ODAと称して金品を差し上げ続けています。一度差し出せば、際限のない要求が続き、骨の髄までしゃぶり取られる。

韓国や中国の発展に大きく貢献をしているのが日本であるのに、感謝の一かけらもない。

-------------------------------------------------------------------------

経営コンサルタントの大前研一氏の著書「知の衰退からいかに脱出するか」に次のようなことが書かれています。

20110202G233.jpg


日本で、詰め込み教育、受験一辺倒教育、偏差値による選別教育が始まったのは、60年安保・大学紛争以後である。

いま思えば、あそこが日本にとって分水嶺だった。

日米安保が大問題であった時代、日本政府は、過激な学生運動に対して非常に強い危機感を持った。

このようなムーブメントを放置してしまうと政権転覆も起こりかねないと考えた政府は、ここから国民教育を「愚民政策」に転換した。

その象徴が「偏差値教育」である。

かなり昔のことになるが、私は当時の首相に言ったことがある。

「いまの政府は国民を騙すようなことばかりやっている。このままだと、国民は怒りを覚えて立ち上がるでしょう」と、このように進言したのだが、首相は私にこう言った。

「大前さん、わが国は愚民政策を施しているから大丈夫だよ」

まさかと耳を疑ったが、これは事実である。

当時の日本の政治指導者と役人たちは、学生たちが政府にたてつくことがないように愚民政策をとっていると確かに認識していたのだ。

日本政府は安保闘争のようなことが二度と起こらないように、若者たちがけっしてアメリカに刃向かわないように、そして、体制が転覆する事態が起こらないようにと、愚民政策を実施した。

政府にとって危ないことを考えない、天下国家を論じない、そういう小市民をたくさんつくるという政策である。

その象徴が1970年代半ばに導入された「偏差値制度」なのだ。

そして・・・この政策は予想以上の効果を上げ、長年の愚民政策によって、その後の日本人はみごとに”考えない国民”になってしまったのである。


posted by 松田英貴 at 15:36| Comment(5) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
若い人達は戦前の人達に説教をされるのであれば実を抓まされる事があるようです。
しかしながら、一方で”こういう大人になりたくない”という気持ちが混在しているような気が致します。

↓その代表であるだろう某企業の社長の発言に関する記事のコメント

http://www.j-cast.com/2012/12/22159373.html?p=all
Posted by kanaji06 at 2013年05月25日 01:38
もう、手遅れでしょうね。一番の問題はその愚民化政策の結果「バカ」「阿呆」になった国民自身がなんの自覚もない。そして、、そんな戦後教育の総括をしようとしている国のリーダー自体が、その戦後教育の産物(怪物?)と化しちゃってることに気がついてない。さらに、そんなリーダを支える若者たちがまた、戦後教育の最たる“悪”=狂育の部分を徹底的に叩き込まれている。完全に「白痴」化しちゃっているわけです。“国家百年の計”とはよく言ったものです。今年で終戦から68年。まだまだ続きますよ、この国民総白痴化政策、戦後狂育ってやつは…。
Posted by Tora at 2013年05月25日 03:41
松田英貴さん前は変な質問すみません。吉山です。

相変わらず面白い記事書いてますね。

それでまた質問なのですがボディーガードという職業は1カ月に休みはどれくらいあるのですか?そもそも休みはあるのですか?

教えて下さい。よろしくお願いします。
Posted by 吉山裕太 at 2013年05月30日 09:28
ralph lauren 通販
Posted by ラルフローレン ポロシャツ at 2013年10月29日 14:54
ニクソン 時計 価格
ニクソン 中古 http://www.http://www.dl34.com/nixonニクソン-n8s-2.html/
Posted by ニクソン 中古 at 2013年10月31日 19:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/68290768

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif