2012年12月17日

出来レースだった選挙戦


自民党圧勝!民主党惨敗!・・・驚きははしない、最初から決まっていたのだから、当然の結果だろう。ちなみに、今回の選挙は最初からの出来レースだったので惨敗しても野田首相には動揺の表情が一切見られない。しかし、いくら出来レースだったとはいえ、予想以上の結果であったため、その動揺の表情を隠すのに必死なため、表情を作るのに困惑していたようだ。しかし、野田首相はもともと正直者で嘘をつくのが苦手な人だから、内心と顔の表情には同調性が見られなかった。

他の大物議員が落選するなか、野田首相は生き残ったが、これも約束だったのだろう。自分が生き残り、他の多くの議員が落選した様子を目の前にして恐怖を感じていた。いくら魂を売ったとしても、多少は人間の心が残っていたのだろう。大物議員も「なぜ野田は生き残った?」と思っているだろう。しかし、このカラクリはいつかはバレるだろう。

なぜ、数か月前に解散要求を突き付けられな後に数か月間の間先延ばしにしていたのだろうか?理由は簡単である。先ほども言ったように出来レースだったからである。出来レースのシナリオを作るにはそれなりの準備と時間が必要となる。この出来レースを知っていたのも首相を含め何人かの人間だったのだろう。

それに加え、維新の会など第三極の動きも封じなければいけない。そのためには、ギリギリまで解散を引き伸ばすことにより、自民党には十分な戦略を立てる時間を与えることができる。これについては、維新の会の橋下氏も触れていた・・・「やられましたね・・しかし戦(いくさ)ですから」

可愛そうなのは、単なる駒として操られた、民主党の惨敗した議員である。最初から負け戦である戦いに何も知らずに臨んでいたわけですから。まぁ、自業自得ですから受け入れるべきです。

しかし、この選挙で最も犠牲となったのは、我々国民です。政治家の私利私欲のために振り回されてきたわけです。結果、貧乏くじを引くのは国民です。これは、未来永劫変わることはありません。政治家は政治家のための政治を行っているだけで、国民のための政治を行っているわけではありません。

今回の投票率は、50%ほどで過去最低だと言われています。日本人は世界でも政治に興味がない国民で有名なので驚く結果ではありません。しかし、投票率が50%の中で、自民党が294の議席を取れたのは何故でしょう。

その点について、自民党の石破氏はこのように語っていました。「今回の議席は決して民意ではなく、組織票だった」。組織票とは、企業や団体の票である。(例えば、政党を支持する医師会や建設業界など・・・)国民の政治不信における民意投票が少なければ、組織票が勝敗の明暗を分けることになる。このことから読めることは、いかに政治というものは企業や団体その多との協力や癒着がとても重要になると言うことである。

すると、利権を自由に操ることができる、政治家や官僚と、しれに群がるハゲタカ(企業や団体など・・・)などの一部の人達のために国民は利用されていることになる。このことに、国民は早く気づかなければならない。

口で良いことを言っていても真意だとは言えない。政治家を見ているとこんなふう↓に見えてきた・・・

imagesCAABXYB8.jpg



posted by 松田英貴 at 12:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 政治・経済
この記事へのコメント
しかしながら、国防も含めた頼りなさもあったのではないかと私個人は考えております。
また、あれだけ自民の事をこき下ろしておきながら、結局民主は何も出来なかったわけですから…。
有権者の人達も「理想よりもまず現実から打開するのが先だ」という気持ちも織り交ぜられていたような気が致します。

最後に長文雑文、誠に失礼致しました。
Posted by kanaji06 at 2012年12月17日 17:31
今までは、「政治家任せ」にしていましたが、今回は私達も意見を送る等のできることから行動して、「国民も政治に参加する」という気持ちを持つ事も大切なのかもしれません。

最後に2回目のコメントならびに雑文誠に失礼致しました。
Posted by kanaji06 at 2012年12月18日 17:51
ナイキジャパン
Posted by ナイキ ハイカット at 2013年09月18日 06:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60827047

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif