2012年12月01日

誠実さと信頼性 面接編2


面接を受けにくる求職者は、企業のさまざまな情報を収集し分析し合格するための対策を綿密に立て理論武装してきます。(各学校の就職課や人材斡旋会社などで「模擬面接」を受け自分を売り込むスキルを身につけてくる)逆に、面接官は求職者の事前情報はほとんど持っていませんから、限られた時間内で求職者の本質を見抜かなければなりません。そのため、面接官より求職者の方が一枚も二枚も上である場合もあります。

しかし、人は誰でも外見と内面は違いますから、外見に目を奪われることなく内面を正しく見極めることが大切です。不合格を恐れる求職者ほど、笑顔や嘘で事実を隠そうとします。面接においては、求職者の「知識」「能力」や表面的な言動だけにとらわれるのではなく、「誠実さと信頼性」に着眼点を置き見極め判定を下すべきです。

最近「新型うつ病」が非常に多くなっています。しかし、うつ病になった人は、以前からそうだったのか?それとも入社後に何らかの要因でうつ傾向になったのか?など、さまざまな疑問が出てきます。もし、面接段階で把握できたとすれば、それなりの対応が可能となります。

しかし、求職者は不合格を恐れ、さまざまな方法で誤魔化し嘘をつきます。しかし、求職者に気を配り、意思の疎通が図れていれば、既往症や通院歴、服用歴も隠さず語ってくれることもあります。面接官は、「志望動機」や「入社後の展望」より求職者の言動の焦点を当てることが大切です。

※求職者の語る内容より、その内容をどのように語っているかが重要です。

※新型うつ病
会社に出勤している間は憂うつで仕事が手につかないが、家に帰れば好きな趣味に熱中できる…といった具合に、自分に好ましい状況下では抑うつ感が消失して行動的になる。また、新型うつ病にかかった人は、他人の言動に傷つきやすくなるのである。例えば、自分の作った企画書に上司が少し注文をつけただけで、全人格を否定されたかのように感じて会社を休むなどの傾向がある。

採用は企業にとって大きな投資ですから、入社後のさまざまな問題は企業にとってのマイナスとなります。入社後に活躍する人材を見極め、採用後の失敗リスクを最小限に抑えるためには、しっかりとしたノウハウが求められます。


posted by 松田英貴 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コミュニケーション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60447355

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif