2012年08月13日

2012年の世界地図から日本が消えた!?


<浜田和幸オフィシャルブログより引用>

浜田 和幸(はまだ かずゆき)
参議院議員。国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選を果たした。

アメリカのオレゴン州立大学の活断層海底調査研究所が地震予測を公表した。それによると、アメリカ西海岸にも東日本大震災と同様の巨大地震と津波の可能性が迫っており、その場合は今回同様、巨大な津波が日本に押し寄せるという。すでに危険時期に入って60年を経ており、巨大地震がいつ起こってもおかしくないらしい。

今後1年間の情勢を予測して、アメリカ海軍では「2012年の世界地図」を作成。なんと、そこではシアトルからロスまで西海岸がざっくりとえぐり取られている。さらに驚いたことに、わが日本は消滅しているではないか。

トモダチ作戦で日米の堅い絆を確認したのもつかの間、アメリカはついに日本を見限ってしまったのだろうか。

110613_worldmap.jpg


posted by 松田英貴 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57568617

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif