2012年07月16日

いじめ=凶悪犯罪の撲滅


はっきり言っておく!

いじめは「凶悪犯罪である!」

いじめ問題の原因の一つには、加害生徒の立ち直りを優先し、被害​生徒の救済には無頓着であること。

いじめを受けている生徒にとっては、いじめ行為を行っている生徒​の将来的な立ち直りなどどうでも良いことでなのです。

ただ・・・今すぐ・・・いじめを止めてほしい・・これだけです。

退学処分になろうが警察に逮捕されようがどうでも良いことです。

そもそも人間教育には即効性がありません。よって、人間教育が成​り立つには、生徒自身が、あくまでも「人としての心」を持ってい​ることに限られます。

いじめを平気で行う「鬼畜の心」をもった人間には人間教育を施し​てても全く無意味です。

いじめられている子にも問題がるという先生や親も多いが、これは全く馬鹿げた話しで、いじめはいじめられている子やクラス全体の問題でもなく、あくまでも「実行犯の加害生徒」である!

また、いじめが無くならない原因の一つには、いじめをしても大した罰則​がないことです。

いじめを真剣に無くそうとしたいのなら、いじめを「凶悪犯罪行為​」とみなし、いじめの加害者に徹底的な償いをさせるべきです。

いじめ問題は「人間教育」では絶対に解決できません!

学校で教育するのは、一般的な「人の心」をもった生徒であり、犯罪者を教育するのではない!

犯罪者の更正させたければ、刑務所や少年院の更正担当者に任せれば良いことである。


posted by 松田英貴 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57070734

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif