2012年07月11日

いじめは犯罪である!


大津市の中学生の自殺は単なる「イジメ」による事件なのだろうか?その内容を知る限り、これは「イジメ」ではなく、立派な「犯罪行為」ではないかと思います。

「イジメ」「かつあげ」「強姦」・・・その他の暴力も学校内で行われると「犯罪行為」にはならず、単なる学校内で起こった事件であり「教育問題」として処理される・・・これって・・おかしくはないですか?

もし、このような行為が一般社会で起きたとすれば、「刑事事件」になるはずです。そして、その行為を傍観していた人も罪に問われるはずです。それが、学校内で起きても加害者には多少の処罰があっても、決して大きな処罰にはならない。

被害者は人生を狂わさせ、最悪は今回のケースのように死に至る場合もあると言うのに、加害者のほとんどは、何も変わることなく学校に通う。中には転向するケースもあるが、学校に通うことには違いはない。

これは、学校内で発生した「犯罪行為」として捉えるべきです。そして、加害者は罪を償うべきです。未成年だから・・・そんな事は関係な!通著な事ばかり言っているから「イジメ」はなくならないのである。

中には、「イジメられる方にも問題がある」と馬鹿げた事を言う人もいる。だとしたら、「殺される人にも問題がある」と言えるだろうか?

イジメられた側には何ら問題はなく、イジメた方に100%問題があるのが正論である。

市の教育委員会は「いじめと自殺の因果関係は判断できない」と言っているようですが、そんな説明に納得するはずがない。もし、自分の子どもが当事者だとしたら同じことを言うのだろうか?是非とも聞いてみたい。

しかし、一連の報道で起きた事件について「知らなかった」「気づかなかった」と口にする親や教師が実に多いが、この言葉は自分を防御するために出た言葉にしか思えない・・・

もし、「なんとなく気づいていたのですが・・・」なんて言ってしまったら「気づいてたのに何故止められなかったのか?」と責任問題に発展すること間違いない!

しかし、気づかないわけがない!子供が事件を起こす前や巻き込まれている場合には予兆ともいえるシグナルを必ず発していたはずである。

私どもの世界ではその事をPINsと呼んでいます・・・犯罪行為などの前兆として、結果が予測する前に起こる、感じ取ることのできる要因です。

多くのイジメにおいて共通して言えることは決して突発的に起きたことではないということ・・・

常に何かを感じ取るアンテナを張っておけば、言動や行動、表情、交友関係、持ち物などで微妙な変化を感じ取ることができる。

「何かがおかしい・・」と少しでも感じたら原因を探る・・・あからさまに目に見えた時にはすでに手遅れと思った方が良い。しかし最大の原因は、自分が親であることに怠惰になっていることと親が親の役目を成していないことであ。

親の役目はいかなることがあろうと「必死」で我が子を守ることである・・・


posted by 松田英貴 at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56997216

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif