2012年06月11日

心斎橋無差別殺傷事件


「助けて!」と懇願する被害者に、男は無言で何度も刃物を振り下ろした−。大阪市中央区東心斎橋で2人が刺された事件で、死亡した男性が刺された現場に偶然居合わせた同区の男性会社員(32)は、犯行の様子を生々しく振り返った。

会社員は、友人と待ち合わせをしているさなかに犯行を目撃した。

「助けてください!」。被害者の男性は何度も叫んだが、礒飛(いそひ)京三容疑者(36)=殺人未遂容疑で逮捕=は男性を押さえつけ、無言で脇腹や太もも、胸をめがけて20〜30回も刃物を振り下ろした。首をかき切るような様子にも見えたという。

会社員には当初、男性が殴られているように見えた。助けに行こうとしたが「近づくとめった刺しにしているのが分かり、びっくりした」と声を震わせた。

礒飛容疑者は男性を刺した後、立ち上がり、うつろな様子でふらふらと歩道をと歩いていった。まるで次の標的を探しているような様子だった。その時、自転車に乗った女性が礒飛容疑者に近づいてきたという。

「おばちゃん、危ない!通り魔や、逃げろ!」。会社員が声を掛けると、女性は方向転換したが、礒飛容疑者が背後から女性を刺したという。女性は心肺停止状態となった。

1分ほど後に警察官2人が駆けつけ、礒飛容疑者はその後取り押さえられた。しゃがんだような格好で、抵抗する様子はなかった。服装は白いTシャツとジーパンだった。

一方、現場近くで仕事中だった大阪市港区の建築業、宇都宮崇さん(40)も、倒れている男性が「助けてくれ」と叫んでいるのを聞いた。その直後、刃物を持った礒飛容疑者が向かってきた。「周囲の人が逃げてきたので、自分も逃げた」と話した。

宇都宮さんの同僚の塩崎晃生さん(41)は「『人を刺しまくっている男がいる』という話を聞き、現場を見に行くと、男性と女性が路上に倒れていた。2人の間は30〜50メートルくらい離れていた」。

女性は歩道に倒れており、ほとんど動かなかった。男性は血まみれで車道であおむけに倒れ、苦しそうにしていたという。

容疑者は、犯行理由をこのように述べたと言う・・・「自殺したかったが死ねなかった・・誰かを殺せば死刑になると思って殺った」全く持って自己中心的な考えだけで、無関係な人を巻き込んでいる。

このように、私達が直面しつつある凶悪犯は、昔は存在し得なかった新しいタイプの犯罪者です。彼らは、いとも簡単に犯行に及び、他人の命に対して驚くほど無関心です。

そのような人間に襲われたとき、一つの冷酷な事実に直面するでしょう・・・

死ぬか・・・生きるか・・・

posted by 松田英貴 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56376641

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif