2012年03月09日

ますますあやしくなった、水素爆発前のテルル132の検出


以下転載

ますますあやしくなった、水素爆発前のテルル132の検出

政府・保安院は、6月3日に、わざわざ、3月12日朝のテルル132の検出を公表したら、国民が、上記のような矛盾を指摘してくることは事前に、わかっていたはずです。にもかかわらず、国民からの非難を承知で、今、この重大事実を公表したのはなぜでしょうか、国民にだまっていれば、済んだ話です。謎は深まるばかりです。

水素爆発が起きた3月12日午後まで、事故原発建屋の気密性は非常に高かったはずです、だから大爆発したのです。

したがって、水素爆発前に、メルトダウンした炉内で発生したテルル132が、当該原発から7qも離れた地点で検出されるのは非常におかしいということです。つまり、このテルル132が当該事故原発から放出された可能性は非常に低いということです。

 もう一つ重大な疑問があります。もし事故原発が3月12日未明もしくは早朝までにメルトダウンしていたなら、東電にそれがわからないはずがないわけで、東電は3ヶ月近く、われわれ国民を欺いていたことになります。本ブログでは事故後から、東電HPの事故現場データをずっとウォッチしてきました。べつに東電の肩をもつわけではありませんが、東電が国民をだまし続けてきたとは到底、信じられません。

大胆な仮説

さて、IAEA調査団が訪日したのは、5月24日から6月1日までですが、その際、3月12日朝のテルル検出データが何らかの手違いで、IAEAの手に渡ってしまったのではないでしょうか。もっともあわてたのは、官邸を乗っ取っている米国の核専門家(注1)でしょう。

そこで、彼らは保安院に圧力をかけて、3月12日朝までに、少なくとも、1号機はメルトダウンしたことにしろと圧力をかけた可能性があります、さもないと、確かに、テルル132検出の説明がつかなくなります。

ところで日本を属国支配する米国戦争屋系と思われる米国核専門家にとって、IAEAはアウト・オブ・コントロールなのです。だから、IAEAにテルル検出データを握られたら、もう、米戦争屋はその証拠の公開を止められないはずです。

なお、上記、米国戦争屋およびそのロボット・悪徳ペンタゴン日本人(隷米官僚含む)の定義は、本ブログのNo.225の注記をご覧ください。

本ブログの見方では、国連や世界銀行が米戦争屋のシマであるのに対し、IMFやIAEAは欧州寡頭勢力のシマという風に、世界的寡頭勢力内にて棲み分けされているわけです。

2009年、IAEAの事務局長に日本人の天野氏が選ばれたのは、欧州寡頭勢力系の小沢・鳩山政権誕生直後でした(注2)。つまり、IAEAは欧州寡頭勢力系であり、アンチ米戦争屋系なのです。

その意味で、3月12日朝のテルル132検出という証拠を、IAEAに握られると米戦争屋は非常に、困ることがあるはずなのです。

そこで、日本政府内の悪徳ペンタゴン官僚を脅かして、1号機メルトダウン時期をどうしても、3月12日午前8時以前にする必要があるということです。

このように分析すると、5月半ば以降、超党派にて急に、菅総理(米戦争屋のロボット首相)への辞任要求が活発化してきた謎が解けてきます。


posted by 松田英貴 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54363527

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif