2012年03月09日

東電福島原発事故:非常にあやしい?水素爆発前のテルル132検出


以下転載

日本政府、3.11大震災から3ヶ月経って、重大情報を公表

2011年6月3日、原子力安全・保安院は重大な情報を公表しました。それは、3.11大地震・大津波襲来の翌日、3月12日の朝から午前にかけて、東電福島第一原発から約7q離れた浪江町などで、100ベクレル/m3を超えるテルル132が検出されていたという情報です。

専門家によれば、テルル132が当該原発事故機から放散したものであれば、3月12日朝までに、事故機の燃料はメルトダウンしていたことになるとのこと。なぜなら、テルル132は、燃料棒の被覆管が溶け落ちない限り、原子炉外部には出ないからだそうです。逆に言うと、テルル132が原発周辺で検出されれば、それは、メルトダウンの証しだそうです。

なぜ、事故直後に、このデータが採取されていたかというと、福島県が事故直後から原発周辺の大気中放射線量緊急モニターを行っていたからです。

これほど重大情報がなぜ、震災から3ヶ月近く経って公開されたのでしょうか。保安院はいろいろ言い訳していますが、国民に隠しきれない何らかの事情があって公表せざるを得なくなったと思われます。

ところで、国際原子力機関IAEAの調査団が5月下旬に訪日していますが、今後も引き続きIAEAの査察が行われるわけですから、いくら隠してもいずれリークする情報なので、タイミングを見計らって、やむを得ず公表したものとみなせます。

事故機建屋の水素爆発前にテルル132が7qも飛散するのか

1号機建屋の水素爆発が起きたのは、菅総理現場視察の後に行われた1号機ベントの直後の3月12日午後3時30分です。

1号機は津波襲来前に、すでに地震で破壊されていたのではないかと言われていますが、テルル132が検出された3月12日朝は、まだ建屋は壊れていなかったのです。

そこで考えられることは以下です。

(1)3月12日未明までにメルトダウンした1号機の原子炉内汚染水蒸気が主排気筒などから大量放出された。

(2)事故原発から7q離れた地点で検出されたテルル132は事故原発から放出されたものではない。

中立的専門家によれば、3月12日午後の1号機水素爆発の前に、7qも離れた地点にてテルル132が検出されるのは非常に考えにくいとのことです。この指摘は極めて重要です。

上記、テルル132検出は国家的大問題です、なぜなら、3.11大地震は核爆発誘導による人工地震だったのではないかという疑惑への有力な証拠となる可能性を秘めているからです。


posted by 松田英貴 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54363452

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif