2012年03月05日

無意識とは・・・


人の心の中には、二つの人格が存在しています。

第一の人格は、ふだん表に出している人間性、そして、もう一つの人格「ふだん本人が意識できていないもう一人の自分」がいます。

すなわち「本人の意識から独立した無意識の領域=第二の人格」が存在する。

第二の人格は、その人が、ふだん見せているのとは違う人間性です。

そして、この人格が、時々はっきりと表に出る人もいます。

いわゆる「二重人格」と呼ばれる症状です。人があるとき全く別人のようになってしまい、やがて元に戻ると、その別人となっていたときの記憶が残っていないという症状です。

これは、人の心には、本来の人格からはみ出した別の人格要素があり、それが無意識の中で独自に育ち、独立した人格として完成してしまった。

そして、何らかのきっかけで表に現れたと説明できます。

しかし、ここで重要なことは、このような二つの人格が一つの心に生まれるのは異常なことではなく、第一の人格と第二の人格、二つ合わせて一つの心であり、それらが合わさったのが「本当の自分」です。

このように、「心のすべて」を認めて、受け入れることが、本当の自分を知るうえでの基本・出発点となります。

無意識とは、その人の「普段は見えない人格の母体」である・・・


posted by 松田英貴 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54301049

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif