2011年12月30日

占い師とコールド・リーディング


誰でも一度や二度は、テレビや雑誌で占いに関することに興味を持ったり、実際に占ってもらった人もいると思います。

あなたのことを全く知らない占い師が、性格を的確に言い当てたり、過去に起きたことや現在起きていることもお見通しである。個人的な生活のこと、仕事のこと、将来のことについて具体的な事実までも伝えられることもある。

心に秘めたことや、あなたが抱えている問題を指摘し、意味ありげにも思われる知恵や助言を与えてくれる。そして、不思議なめぐり合わせで実現する出来事についても・・・

占いをうけた人はこのように証言するかもしれない・・・

「当たった〜凄い!」「何もかもお見通しだった・・・」「私の性格についてもぴったり当てはまっていた」「これから起きることも素敵なことばかりだって・・・」

私も以前は、占いに興味を持ちいろいろな本を読んだ。しかし、いまだ持って実際に占ってもらったことはない。全く信じていないわけでもないが、「コールド・リーディング」という、人の心を巧みに突く騙しのテクニックを知り、実践するようになってからは、全く信じることはなかった。

一部の占い師は本当の超常的能力(サイキック・パワー)を持っていると思っている。

そこで疑問・・・

占い師は、何を思い人々を占うのか・・・単なる趣味なのか、金のためか、人を導くためなのかは人それぞれだが、お金が動くのは事実である。その、お金が動く理由は二通りしかない。占い師が、本物のサイキックの持ち主か、そうでないかである。多くの人々は、占い師がそれなりの超常的な力(サイキック・パワー)を持っていると思い込んでいるはずである。

もし、本物なら、人々は真に超常的な力により得られた洞察の言葉を聞くために代金を支払う。しかし、偽物なら、人々はまんまと騙されていることになる。それが事実であれば、占いは太古から続いてきた、最も人気の高い、地上最大の詐欺行為にあたる。

しかし、占い師たちが「コールド・リーディング」を使用しているかどうかは証明することはできないが、「コールド・リーディング」は、ほとんど誰にも覚られることはない。素晴らしい技術である。

「コールド・リーディング」は、超常的能力が無くても、あたかも、そのような力を持っているかのように見せかけるテクニックでもある。

興味があれば調べて下さい。しかし、悪用は厳禁です!


posted by 松田英貴 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52656210

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif