2011年12月14日

ボディ・ガードで学んだ「ホスピタリティ」その8


ボディ・ガードの世界では、通常はクライアントが主導権を握っていますが、クライアントの命に関わるような特別な状況ではボディ・ガードが主導権を握ります。契約のさいにも、それに伴う内容が書かれており、それに従うことができなければ依頼は受けないようにしています。

よって、私自身もクライアントから何かを頼まれたときには絶対に「NO」とは言わないように心がけています。「NO」とは言わない代わりにクライアントにとって最適な別案を提示するようにしています。今までこの方法で断られたことは一度もありません。

しかし、多くのボディ・ガードは「ご主人様と召使」のような関係になっている場合が非常に多いのです。そこには、お金を払っているというクライアントとお金で雇われているボディ・ガードの関係が自然に成り立っていからだと思いますが、それにしてもボディ・ガードらしくない振る舞いをしている人が多く見られ情けない限りです。

サービス業においてもボディ・ガードの世界においてもお金を払っている顧客や依頼者はわがままであり、無理難題を押し付けてくるのは日常茶飯事です。しかし、それにどう答えるのかがプロなのです。ボディ・ガードはクライアントにどのような無理難題を押し付けられようが、クライアントの身体や生命を守ることが使命である以上、「全てを受け入れた上で最善を尽くします」そこには決して「NO」は存在しません。

しかし、そこには、常に「ガード・ポリシー」と「クライアント・ポリシー」が入り交ざり葛藤しますが、そのような状況下においても適切な判断をしたうえでクライアントを守らなければなりません。それが、ボディ・ガードに与えられた使命とも言えます。

「NO」を言うのはとても簡単ですが、できないことをやりとげるのがボディ・ガードの任務です。例え、どのような手段を使おうが「やるべきことをやるだけ」です。全ては結果です。

サービス業においても、「NO」を言う前に他に別な方法がないかを考えることが、さらなるサービスに繋がり、結果、お客さまにも喜ばれ、それがリピートに繋がり、そして売り上げに繋がるはずです。

私も仲間にも「そこまでやる必要はないだろう・・・業務を外れている・・・」と言われますが、そこまでやるのがプロだとカッコよく答えています。誰もが経験を積めば積むほど、自分にも余裕ができ、大きな視野で物事を見れるようになります。初めのうちはクライアントだけしか見えないため、行動がぎこちなくなります。

しかし、余裕ができ周囲を見ることができれば、クライアントだけではなく、周りの人達にも、自然と「気配り」や「心配り」ができるようになるものです。そうすれば、「NO」と言う必要がなくなり、全てを受け入れることができるのです。

「全てを受け入れる」ことができるようになれば、ボディ・ガードのプロの域に達することができるはずです。しかし、勘違いをしてもらっては困ります。本業はボディ・ガードであることを忘れては、単なる「YES マン」になってしまい、本当の召使になってしまいます。


posted by 松田英貴 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ボディ・ガード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51871515

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif