2011年10月24日

柏市の放射能高線量との関係


千葉・柏の高線量地:雨水蓄積し高線量 福島第1原発事故が影響

千葉県柏市根戸(ねど)の市有地で採取した土壌から1キロ当たり最大で27万6000ベクレルの放射性セシウムが検出された問題で文部科学省は23日、現地調査を行い、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性セシウムを含む雨水が現場の側溝から外に漏れ出し、土壌に染み込んで蓄積された可能性が高いとの調査結果を明らかにした。

しかし・・・

柏市が小学校や住宅街に隣接する最終処分場に「最高70800ベクレル/kgの放射能焼却灰」25トンを埋め立てていた事実が浮上していますよ!

情報源は、「子どもを守ろう Save Child」
http://savechild.net/archives/6611.html

サイトより転載
以前このサイトでも記事にした、柏市の南部クリーンセンターの焼却から1キロあたり最高70800ベクレルが検出されたというニュースがありました。

千葉県柏市 焼却灰から7万ベクレル超を検出「南部クリーンセンター」周辺に小,中学校が多い

それで、今回読者の方よりメールで「すでに埋め立てている」との報告を受けましたので、柏市の北部クリーンセンターに問い合わせしてみました。

その結果、この高濃度の放射性物質の含まれる焼却灰を6/4〜6/22までに3回にわたり柏市の最終処分場に25トンも、すでに埋め立てていることがわかりました。

この最終処分場は、小学校や住宅街に隣接しています。付近の住民の方々はご存知なのでしょうか?

現在は、基準値以上の焼却灰は埋め立てていないということです。担当者の方がおっしゃるには、草や木の枝などを燃やすと高濃度の放射性物質が焼却灰に含まれるそうです。よって今はそれらを燃やさないように分別をして焼却しているとのことでした。

すでに埋めてしまった物に関しては、掘り起こしても持って行く場所がない・処分の方法がない為、現在はどうしようもないとのことでした。放射性物質を含むゴミや焼却灰やガレキの処分に関する問題は、本当に難しいですね。

このように、市民の知らないうちに、放射性物質を含むゴミや焼却灰やガレキが全国各地のどこかに秘密裏に運搬され埋め立てされている可能性が浮き彫りにされました。

そうでもしない限りは、放射性物質を含むゴミや焼却灰やガレキがどこかで処分しない限りは、原発事故地区の復興は限りなくありえないわけですから。当然ながら、市民が知れば、埋め立ての際の許可など出るはずがありませんから、知らない間に運び込み埋め立てしたのでしょう。


そう考えると非常に恐ろしいことですね。知らないうち自分の家の近くに運び込まれ埋め立てされる。その近くで普段通りに生活を続ける人々がいるわけですから。放射性物質は数年から数十年、中には数百年と放射線を出し続ける物質もあり、生涯に渡り、放射線を浴び続けることになります。

すると、体に少しずつ放射物質を体内に溜めることで、体に害を与えることは十分に考えられます。埋め立てされた場所の近くに河川などがあれば、農業用水として使用され水田や畑に利用されます。結果、食物連鎖により人々の体内に蓄積されます。

現在、千葉県の君津市、富津市にある処分場3箇所に放射能に汚染された瓦礫が運び込まれているようです。


放射能は種類により人体の特定の組織にたまり(濃縮)ます。

放射能物質の量が多いとそれだけ多くの細胞を死なせます。(放射能により、細胞中のDNAが直接または間接的に切断されると、細胞死や突然変異を起こします。)

体細胞の死は造血障害、臓器からの出血、循環不良、中枢神経障害、放射線火傷などを引き起こし、それによって死に至る場合もあります。

また、生殖細胞の死は不妊を招きます。晩発影響(数年あるいは数十年たって現れる影響)としては白内障があります。

これらは、「非確率的影響」とか「確定的影響」などと呼ばれ一定の量を超えて被曝すれば確定的に症状が出るものです。その量を「しきい値」と呼び、被曝量が多いほど症状が重くなります。

細胞死に至らない程度の傷がついた場合には、修復作用もありますが、うまく修復されないと、突然変異として次にできる細胞に引き継がれます。

体細胞の突然変異は各種のガンなどのさまざまな病気を発病させ、生殖細胞の突然変異は子どもに受け継がれて、やはり、ガンなどを発病させる要因となります。

これらは、被曝量に対して発病の確立が高くなります。そこで、「確率的影響」と呼び、しきい値はないとされています。

被曝量が少なくても、発病の確立が減るだけでゼロにはなりません。

放射能自体には、色もなければ匂いもありませんので、誰かのの口癖にもなったように思われる、「すぐに人体に影響のあるものではない」と勘違いしまいがちですが、長期的に見れば何らかの症状が発病する可能性があるのです。


posted by 松田英貴 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49296037

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif