2011年09月19日

三陸沖(八戸沖)でM5以上の地震が7回


岩手県沖(三陸沖)の地震続報・・・転載記事

昨日から現在までに M5以上の地震が7回も起きてます。
ほぼ全て同じ海域。

ちなみに311地震の本震は、3月9日から11回目のM5以上の地震でした。

http://tenki.jp/earthquake/detail-8119.html
発生時刻9月17日 4時26分
震源地岩手県沖
位置緯度北緯40.2度
経度東経142.9度
震源マグニチュードM6.3
深さ約20km

http://tenki.jp/earthquake/detail-8120.html
発生時刻9月17日 4時40分 震源地三陸沖
位置緯度北緯40.3度
経度東経143.6度
震源マグニチュードM5.5
深さ約10km

http://tenki.jp/earthquake/detail-8121.html
発生時刻9月17日 5時11分
震源地三陸沖
位置緯度北緯40.3度
経度東経143.4度
震源マグニチュードM5.5
深さ約10km

http://tenki.jp/earthquake/detail-8123.html
発生時刻9月17日 6時8分 震源地岩手県沖
位置緯度北緯40.2度
経度東経143度
震源マグニチュードM5.9
深さ約20km

http://tenki.jp/earthquake/detail-8125.html
発生時刻9月17日 6時36分 震源地三陸沖
位置緯度北緯40.2度
経度東経143.3度
震源マグニチュードM5.7
深さ約10km

http://tenki.jp/earthquake/detail-8130.html
発生時刻9月17日 16時34分 震源地岩手県沖
位置緯度北緯40.3度
経度東経143度
震源マグニチュードM5.6
深さ約10km

http://tenki.jp/earthquake/detail-8137.html
発生時刻9月18日 2時55分 震源地三陸沖
位置緯度北緯40.3度
経度東経143.3度
震源マグニチュードM5.3
深さ約10km

やはり今回の地震もほとんど震源が10キロ

今回の地震が起きている海域は・・・
明治三陸津波地震や昭和三陸津波地震の海域とほとんど同じ場所

明治三陸地震(めいじ さんりくじしん)は、明治時代の日本の三陸沖で発生した地震である。1896年(明治29年)6月15日午後7時32分30秒、岩手県上閉伊郡釜石町(現在の釜石市)の東方沖200km(北緯39.5度、東経144度を震源として起こった、マグニチュード8.2- 8.5という巨大地震であった。

昭和三陸地震(しょうわさんりくじしん)は、1933年(昭和8年)3月3日午前2時30分48秒に、岩手県上閉伊郡釜石町(現・釜石市)の東方沖約 200 km(北緯39度7.7分、東経144度7分)を震源として発生した地震。

以上のように、今回の地震は明治・昭和三陸津波地震よりやや北西の海域ということになります・・・

さらに気になるのは、311地震で破壊された海底よりも北の部分、つまり、311地震でアスペリティが破壊されきっていない部分で起きていること。

そして、ちきゅう号が、深海掘削を行っていた海域とクロスするということです。


posted by 松田英貴 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然災害
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48031517

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif