2011年09月09日

進化論教育とは?


アンティキティラ島の機械は、今から約2100年前(紀元前)に製作されたと考えられており、発見から1世紀以上も科学界の謎とされており、その秘密はたやすくは明らかにならなかった。

長い間クレタ島の近くの海底に沈んでいたこの機械は、1901年にアンティキティラの沈没船から海綿採集者の手によって回収された。この機械は当初、からくり玩具程度のものと思われていたが、腐食し石化の進んだ81の部品の謎がようやく解明されたのは2006年11月のこと。実際にはかなり複雑で精巧にできており、天体運行を計算するために作られた古代ギリシアの歯車式機械であることが判明したという。

111aa987.jpg


みなさんは岩石や化石を見て、何万年、何億年という歳月を経てできあがったと思っていると思います。実際、進化論者もそう主張してきました・・・

しかし、岩石も化石も、条件さえ整えば、数ヶ月もあれば出来上がる・・・

岩石がが形成されるうえで重要な条件は「圧力」です。土や砂、推石物などが安定した高圧力化におかれると、それは数ヶ月以内という短期間に岩石化する・・・

宝石も短期間でできあがる・・・

同じ物質でも圧力のかけかたで違う性質になる。いい例が人口ダイヤであり、これは炭を高圧力で閉じ込めて作ったものである。炭もダイヤも同じ炭素からできているが、性質がまったく違うものになる・・・

最近では、ピーナッツバターから人口ダイヤを作ることに成功している・・・

石炭も数ヶ月あればできる。樹木と酸性土を圧力を加えずに石英の中に閉じ込め、摂氏150度にした状態を4〜36週間続けると高品質な石炭ができあがる・・・

このように、岩石や化石、宝石、石炭、石油などは何億年、何百万年もかけてつ作られたと小さい頃から進化論教育によって教えられてきたが、それはまったくの間違いである・・・

これは、多くの科学的証拠が示している・・・

このように、世の中の人々は多くの嘘によって騙されていることが多いかもしれない・・・


posted by 松田英貴 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | etc
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47824375

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif