2011年05月18日

東京の一部で高濃度 土壌セシウム 茨城超す


2011年5月15日 朝日新聞 朝刊5面

東京都の土壌で放射性セシウムの濃度が1`あたり3千ベクレルを超え、東京電力福島第一原発により近い茨城県より高い地点があることが近畿大の山崎秀夫教授(環境解析学)の調査でわかった。

濃度は高い場所でも福島市の9分の1ほどだが、茨城県や埼玉県の一部の2〜3倍。放射能による土壌汚染は、原発からのl距離が同じでもばらつきが大きいことが指摘されてきた。

東北3県と関東6県は、農林水産省の指導で水田や畑のセシウム濃度を調べているが、都は事故後の土壌調査をしていない。

山崎教授らは、4月10〜20日に採取した東京都の4地点を含む首都圏の土壌試料を分析した。東京都江東区亀戸で1`あたり3201ベクレル、千代田区の二重橋横で同1904ベクレルだった。原発から約55`の福島市南部(同市光が丘)の土壌は3月19日時点で同2万7650ベクレル。都内より福島に近い茨城県神栖市は同455ベクレル、ほぼ同距離の埼玉県朝霞市は484ベクレルだった。放射性ヨウ素も同様の傾向だった。

単位面積あたりに換算して農水省などの調査とそろえると、都内の土壌の放射性セシウム濃度は稲作禁止の制限値の20分の1以下だが、1960年代の大気圏内核実験で年間に降った量の3〜10倍あった。

山崎教授は「放射性物質を多く含んだ雲のようなもの(プルーム)が飛来した地点では、局地的に土壌の放射能が高濃度になる。首都圏でも細かい状況調査が必要だ」と話す。京都市である国際分析化学会議の緊急シンポジウムで24日は発表する。(鍛冶信太郎)

d0230583_11162924.jpg
【私の一言】

今まで、茨城など東京の近隣の県では放射物質は発見されてはいたが、東京都内では発見されていなかった???・・・が・・・そんなことは無い・・・実はとっくに発見はされていたのである・・・

時間を重ねるごとに被害は大きくなっている・・・事故発生当初には東京の水道水にも放射物質が発見されミネラルウォーターの買占めが起こりパニックになった・・・しかし、その後は一切、水に関する汚染情報は流れなかった・・・爆発が起きてメトルダウンが起きているのに・・・?

可笑しな話である・・・まともな思考回路の人間であれば・・・普通に理解できる話だが・・・現在、東京都民の大部分も普通に水道水を飲んでいるだろう・・・放射物質たっぷりの・・・

どれだけの放射物質が含まれているのかはわからないが、事故当初よりは確実に多いはずである・・・例え、解毒能力のある成人であれば問題が無い量であったとしても、子どもには相当の害がある量であることは間違いない・・・
20110408_2.gif

事故により、放射能汚染物質が食物連鎖に入り込むことが予想される事態に我々は直面している・・・

生態系中の化学物質について考える時には、動植物の個体内に物質が蓄積する生物蓄積や生物濃縮という現実や、捕食動物と獲物で構成される食物ピラミッドの階層が上がるにつれて、蓄積される化学物質の濃度が上がるということを、つねに念頭に置いておく必要がある・・・

確かに、放射性核種は食物連鎖の一定部分に蓄積されることがある・・・

そのうえ、多くの放射性核種については、連続する食物連鎖の階層を上がっていくにつれて蓄積される放射性核種の濃度が上昇し、その結果、生物濃縮が引き起こされる・・・

私たちが検討してきた他の有毒物質に関して言えば、生物濃縮は水界生態系における放射性核種について特に重要に思える・・・

posted by 松田英貴 at 14:58| Comment(0) | 事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif
spacer.gif