2015年07月01日

防衛装備移転3原則


2014年4月、武器の輸出や関連技術の移転を事実上禁じた「武器輸出3原則」に代わる「防衛装備移転3原則」を閣議決定をした。

平和貢献や国際協力、日本の安全保障に資する場合は、厳格な審査を条件に輸出や技術提供を認める内容である。

これまで、武器の全面禁輸という日本独特の規制は、国内産の防衛装備品の納入先を自衛隊にほぼ限定し、少量生産による高価格化という弊害を招いた。


このため、安倍内閣は13年12月に決めた、国家安全保障戦略で新たな原則を作る方針を示した。

新3原則により、国際共同開発、生産への参画や国際機関への武器輸出などが可能となった。これにより、国内製品の低価格化や日本企業の競争力の強化に繋がることが期待されるという。

まさに、経済的な対米従属構造そのものがここにあります。また、これに絡んでいるのが、国内における軍需
2014年4月、武器の輸出や関連技術の移転を事実上禁じた「武器輸出3原則」に代わる「防衛装備移転3原則」を閣議決定をした。

平和貢献や国際協力、日本の安全保障に資する場合は、厳格な審査を条件に輸出や技術提供を認める内容である。

これまで、武器の全面禁輸という日本独特の規制は、国内産の防衛装備品の納入先を自衛隊にほぼ限定し、少量生産による高価格化という弊害を招いた。


このため、安倍内閣は13年12月に決めた、国家安全保障戦略で新たな原則を作る方針を示した。

新3原則により、国際共同開発、生産への参画や国際機関への武器輸出などが可能となった。これにより、国内製品の低価格化や日本企業の競争力の強化に繋がることが期待されるという。

まさに、経済的な対米従属構造そのものがここにあります。また、これに絡んでいるのが、国内における軍需企業や経団連となります。

安保法案に賛成や反対の意義を唱えるなら、法案が成立する事により誰か利益を得るのかを考ると、本当の目的がわかる。

戦争はビジネス!
戦争は起きるものではなく、起こすもの!
企業や経団連となります。

安保法案に賛成や反対の意義を唱えるなら、法案が成立する事により誰か利益を得るのかを考ると、本当の目的がわかる。

戦争はビジネス!
戦争は起きるものではなく、起こすもの!
posted by 松田英貴 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164800786

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif