2015年05月08日

偽善者


偽善とは、善良であると偽ることをいう。また、これを行う者は「偽善者」とよばれる。

外面的には善い行為に見えても、それが本心や良心からではなく、虚栄心や利己心などから行われる事を指している。

また、聖書にもこう記されている。『偽善者よ、あなたたちは石灰で白く塗られた墓の様だ。外側はいかにきれいに見えても、内側は汚れている。中は死人の骨と、あらゆる不潔なものに満ちている。』


「偽善者」は、私の嫌いな人間ベスト3に入っている。そんな「偽善者」は私の身近にもいるが、現在は繋がりを絶っている。

なぜなら、相手が「偽善者」と知りながら、何の素振りも見せずつき合いを続ければ、いつしか、私も「偽善者」と呼ばれる人間になってしまうからである。

善者は善者としかつき合わない。悪者は悪者しかつき合わない。従って、偽善者とつきあえる人は偽善者でしかない。

もちろん、善の中にも悪があり、悪の中にも善はあるもの、完全には混じり合うことは決して無い。善は善であり、悪は悪である。
posted by 松田英貴 at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
spacer.gif
spacer.gif