2015年05月06日

恩に報いる


恩を受ければ、恩に報いるのが当たり前だが、当たり前の事すらできない人も多い。

例え、過去に謙虚な人物であったとしても、金や肩書き、名誉といったものを手に入れると、次第に「謙虚さ」を忘れ、それがいつしか「傲慢」へと変わって行く。

傲慢になれば、恩を受けた事さえ忘れてしまう。中には、恩に報いる所か、恩を仇で返す人も少なくない。


そんな人間をどれほど見てきただろうか。同じ人間として悲しい限りである。
posted by 松田英貴 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
spacer.gif
spacer.gif