2014年01月31日

集団自衛権行使に伴うテロの脅威

集団自衛権行使容認によって、見方によれば米国を支援しているとみなされ、海外に駐留する日本企業はテロのターゲットとなる可能性の否めないだろう。また、海外旅行者においても「殺人や強盗」といった犯罪に巻き込まれるリスクも増大するだろう。

記憶に新しいのは、2013年1月16日にアルジェリアにある日本のプラントメーカー「日揮」がイスラム武装勢力に襲撃された事件である。この事件で、アルジェリア政府は8ヶ国合わせて37人が死亡したと発表している。そのうち日本人が10人死亡している。ちなみに日揮は、90年代にアルジェリアでイスラム武装勢力によるテロが頻発し、多くの日本企業が同国から撤退した時も、唯一アルジェリアに残った企業である。

今回の事件において、明暗を分けたのが各会社の「危機管理体制」であったのは明確である。事件当時、英国政府は状況を把握し自国民の安全をはかるため、施設内に何人の英国人がいるのかを、あえて公表しなかった。フランス政府においては、偽情報を流した。結果、フランス人は助かったという。

日本はどうだろうか。日本は、事件発生直後から、「行方不明の日本人は何名、安否確認できた日本人は何名」と連日、記者会見を開き発表していた。武装勢力から見れば「棚からぼた餅」のような気分だったに違いない。これが、日本政府の危機管理レベルである。

危機的状況において、どのような情報を流し、隠すかは非常に難しい問題である。秘密保護法案制定の際、政府は秘密が保護されていなければ、どこの国も情報を提供してくれないと言っていたが、このようなレベルで、どこの国が情報を提供してくれるだろうか。下手に提供した暁には、自国民までも危機に巻き込まれる可能性が増大するのはあからさまである。

いずれにせよ、日本企業がセキュリティを軽視した結果であることは間違いない。緊急事態時の「危機管理訓練」を行っていたかどうかは定かではないが、日本企業の体質から考えると、「訓練が必要なほど危険な場所に社員を送っている思われると、家族に心配をかける」などと言う理屈で必要な訓練をさせていなかったのだろうと推測する。

今後、海外企業においては、テロは現実的な脅威になる可能性が高くなるので、真剣に従業員の安全を確保することを考えなければならない。

posted by 松田英貴 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済

2014年01月25日

都知事選と情報操作

猪瀬前知事の辞職に伴う東京都知事選が23日に告示された。主な候補者は、細川護熙前総理大臣をはじめ、桝添氏、田母神氏、宇都宮氏など総勢16名で争われる。本命は細川氏と桝添氏だと思われる。

すでに、情報戦は繰り広げられているようで、事実とは異なった情報が流されているようだが、今やネット時代!真実はすぐに明らかにされる時代である。何が嘘で何が真実かはネットを虱潰しに検索し分析すれば大よそのことは判明する。

しかし、大概の人達は、マスコミ報道だけ信じてしまう傾向にあるため、事実と異なる情報を簡単に鵜呑みにしてしまう。そもそも、政治や経済に殆ど関心の無い国民が多い我が国「日本」においては、何が嘘で何が真実なのかもどうでもいい事なのかもしれない。なんとも悲しいが、それが事実である。

マスコミ報道では、桝添氏有利の情報が多数出ているが本当に事実なのだろうか。前回の衆院選や参院選と同様の動きが働いているように思える。代表的な操作(工作)が「世論調査」と呼ばれているモノで、多くの国民は、この「世論調査」と言う人為的な操作(工作)に簡単に騙されてしまう。

人為的な操作(工作)によって、「桝添優勢」や「桝添当選確実」のような偽情報を流し、国民に投票に行く意味を失わせ、投票率の引き下げを意図的に行わせるのである。これは、前回の衆院選や参院選の投票に国民の何%が足を運んだのかを見れば理解できる。

これらは、操作(工作)の一例であり、この他にも、さまざまな操作(工作)が水面下で行われているだろう。小泉元総理が言われる通り、今回の選挙は、情報戦により勝ち負けが決まると思われる。すでに、プロパガンダ・メディアは、この対立軸の破壊をもくろみ、陰湿なネガティブ・キャンペーンを裏で展開しています。

今回の、東京都知事選は、世界中の人々が関心を持って見つめています。結果によっては安倍政権の命運を大きく変えてしまう可能性が十分あり、政・報ステークホルダーたちの正念場と位置づけられる選挙であるということは間違いないでしょう。

しかし、この情報戦に勝ったとしたとしても、それを一瞬にして覆してしまう「あるモノ」の存在も囁かれている。もし、この「あるモノ」が使われたとしたら、多分・・・勝ち目は無いだろう。そんなものが使われないないように望みますが。

それにしても、元総理大臣(細川氏、小泉氏)のタッグは凄すぎる。「すでに過去の人」などと報道する所もあるようだが、二人並べば、やっぱり凄い!米国で例えるのなら、クリントンとブッシュがタッグを組んで選挙に挑んでいるようなものである。このような光景は他の国では決して見ることはできないだろう。


posted by 松田英貴 at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2014年01月01日

米オバマ大統領が「宇宙人が世界の主要国の政治をコントロールしている」と発表した?

かねてより米国オバマ大統領は、宇宙人の存在を認めているという噂が取沙汰されていたわけだが、更に一歩進んで、「宇宙人が第二次大戦以降、世界の主要な国の政治をコントロールしている。」と、ホワイトハウスでの予定外の記者会見で発表したと報じたニュースがあったそうだ。

このニュースを報じたのは、米「ナイン・インチ・ニュース」。オバマ大統領は予定外の記者会見で「これは1950年からのことです。私たちが原子分裂を発見し、核兵器に応用したせいで、彼らは大挙して地球に押し寄せるようになったのです」。と記者団に語ったという。

47e8bff1.jpg

オバマ大統領によると、1947年のロズウェル事件で初めて、今では典型的な宇宙人としてよく知られるグレイというエイリアンが関わってきたという。

「今日、誰でもグレイがどんな姿をしているのか知っています」
大統領はそう言うと肩をすくめた。

「グレイと接触すると、トルーマン大統領は技術と引き換えに地球に拠点を作ること許す取引をしました。次に、アイゼンハワー大統領が人間と姿がよく似たノルディックというエイリアンと接触し、完全に気づかれないように私たち人間社会に紛れ込ませました。彼らは私たちが核兵器を放棄するかどうかを試し、宇宙の兄弟としての啓蒙の場を提供したのです」。

「私たちアメリカはソ連と共にこの申し出に直面しましたが、残念ながら核兵器は放棄しない決断をしました。それ以来、さまざまなエイリアンたちが、抵抗する世界の政府に対して、核兵器を放棄し、多次元にわたる悲劇の脅威を避けるよう密かに暗躍してきました。エイリアンはずっと私たちのまわりにいましたが、彼らのすべてが宇宙船に乗ってやってきたわけではありません。彼らは時間と空間を操ることができます。光よりも速い反重力の推進力も扱えるし、遠隔透視、テレパシー、天体間移動、二か所に同時に存在するなど、次元を越えた知覚をコントロールすることもできるのです」。大統領は納得するようにうなずきながら、しばらく黙って心配そうに静まり返っている聴衆の顔を見ていた。そして続けた。

d9276544.jpg

「重要なことは、エイリアンたちが私たちの政府を60年以上もコントロールしてきたということなのです」。そのとき、大統領は口に手を当てて咳をするような仕草をしたという。

「申し訳ない。どうしても我慢できなくて」大統領は笑いをこらえながら、目尻の涙を拭いた。

「エイリアンが政府を牛耳っているなど、冗談です。でも、今渦中にあるとてつもない困難に責任があるのは私たち人類なのです。そこから抜け出すべく、自分たち自身の力でなんとかしなくてはなりません」

そう、これはオバマ大統領特有のジョークを交えた発言だったのである。

posted by 松田英貴 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題
spacer.gif
spacer.gif