2013年07月22日

原発導入のシナリオ


日本人の悪い所は、歴史認識を無視して安易に物事を判断してしまうこと所である。現在、日本には中国や韓国、ロシア、アメリカなどの諸外国との間に多くの問題を抱えている。それらの問題の多くには、歴史認識の違いがあり、それらが問題を大きくしている。

歴史が理解できれば、どこで誤解が生じ問題が屈折してしまったのかもおのずと理解できる。それも知ろうとはせずに、世論の流れに任せ、ギャーギャーと騒いでいる人達を見ていると、無知に思えて仕方がない。

原子力発電の問題もそうである。原発が必要か必要でないかを論じる以前に、なぜ日本に原発が導入されたのかを知る必要がる。その理由が理解できれば、原発を必要としているのは誰かも理解できる。理解できてはじめて、今の時代に原発を所持することは正しいのかを論じる方が賢明だと思われる。

現在、アメリカをはじめ、原発を所持して国々が次々と廃炉する方向へと向かっているが、日本はその流れに見事に逆行している。首相自ら宣伝マンとなり、各国に原発を売り込んでいる。見方を変えると「武器商人」にしか見えて仕方がない。

原発が開発され半世紀以上が経過します。どんな技術でさえ、半世紀が経過すればどうなるでしょうか。今では、一年前の技術でさえ旧式となってしまいます。

それが、半世紀以上も同じ原理で使われているとは、どういう事でしょうか。人類が月面に立ったのも、半世紀前の出来事です。そして、現在では一般人までもが宇宙旅行ができる時代へと発展しています。

原発はどうでしょうか?何も変わっていません。未だにウランを原料としてエネルギーを作っています。設備さえも変わることはありません。

私から言わせれば、原子力発電は「原始力発電」と言っても可笑しくはありません。

これから紹介する映像は、1994年3月16日にNHKが放送した、「現代史スクープドキュメント 原発導入のシナリオ〜冷戦下の対日原子力戦略〜」である。
 
原発導入の歴史を知るには、とてもわかりやすい映像である。




posted by 松田英貴 at 01:50| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary
spacer.gif
spacer.gif