2013年06月30日

戦略家の育成

日本がデジタル・ハイビジョンに切り替えたのは、アメリカの対日戦略に負けたからです。日本は、NHKの開発した技術、HDTV、MUSE 方式アナログ高精細画像技術体系を世界基準にしようとしていた。

また、NTTのISDN がデジタル・ネットワーク技術の世界標準を目指していたが、TCP/IP がインターネットの通信プロトコルとして国際的なデファクト・スタンダードとなった。

TCP/IP は米国防総省は最高機密の軍事覇権技術であった。

なぜ、米国防総省は最高機密の軍事覇権技術であった、TCP/IP という最高機密技術が解放されたかというと、NTTのISDNに対抗できる技術はTCP/IP しかなかったからである。

裏を返せば、日本が開発する先端技術の多くは、全て軍事転用が可能な技術ばかりなのである。

もし、米国の国家覇権技術、すなわち最先端軍事兵器技術、最先端メディカルサイエンス&バイオテクノロジー(軍事技術に応用可能)、そして最先端IT(軍事技術に応用可能)に関して、日本政府、その公共サービス機関あるいは日本企業がそれらの米国覇権技術レベルを凌駕しようとすれば、断固阻止されます。

日本政府、その公共サービス機関あるいは日本企業には未だ、米国の戦略家と互角に勝負する反撃力が備わっていないのが現実であり、外部勢力からの対日攻略に極めて脆弱なため、いとも簡単に潰されてしまいます。

これから日本が、グローバル競争に勝ち残るためには、外部勢力からの対日攻略に真っ向勝負ができる、新しいタイプの戦略家が必要となります。


posted by 松田英貴 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2013年06月28日

鳩山元総理のトンデモ発言の真意とは?

最近、鳩山由紀夫氏がトンデモ発言をしたようだが、果たして真意だろうか?国民はマスコミの出した発言だけを鵜呑みにしてしまいがちである。そんな事では真実なんて理解できるはずがない。

植草一秀が鳩山元総理に直接聞いた話では、報道とはは事実とは異なるようだ。

鳩山元首相が述べた内容は、中国が尖閣領有権を主張する根拠について、中国側の言い分の立場に立てば、そのような主張も成り立ち得るとの理解を示したものである。

鳩山氏は、「中国側から『日本が盗んだ』と思われても仕方がない」

と述べたのではなく、

「中国側がそう判断をするという可能性がある」と述べたと言う。

私も、この発言を支持する。なぜなら、一国の元総理が、多少のニュアンスの違いで言葉を間違えたとしても、すぐさま国民の反感を買うような発言はしないだろう。メリットなんて何一つないだろう。

報道は断片的な一部だけを取り上げてしまうから、問題となる。そのことについては、橋下市長も言っていた。多くの国民は、断片的な部分だけを鵜呑みにして、間違った判断を下してしまう。マスコミは何を意図として、取り上げるのかを十分に考えてほしい。国民が考えているほど、外交は簡単ではない。

私も某番組の出演依頼を受け、事件について語った。時間的には余談を含めた1時間。(実際に報道されたのは数分間)

問題は、その数分間の内容である。報道された数分間には、肝心な内容に至るまでの話がカットされていた。最も、重要な部分である。

その部分だけを聞けば、誰もが誤解するような内容になっていた。結局、報道として都合の良い内容だけで、面白いか面白くないかが重要になるわけである。

何でもそうだが、内容なんてそれほど重要ではない。そこまでに至る言動や行動が重要な訳で、なぜ、そのような言動や行動に至ったのかを考えないと本質は見抜けない。


posted by 松田英貴 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2013年06月27日

共通番号制度(マイナンバー=旧国民総背番号制)導入の法案が可決(別名:国民奴隷化制度)


共通番号制度(マイナンバー=旧国民総背番号制)導入の法案が可決した。これは別名「国民奴隷化制度」といい、国民を管理・監視するための法案でああり、その中味は国民にとって、かなり危険な制度である。

イギリスは、共通番号制度(国民IDカード制)廃止。
国家が、国民の個人情報を収集するのは、人権侵害に当たるとし、共通番号制度(国民IDカード制)は、「2010年5月に誕生した保守党・自由民主党による新連立政権」で、廃止に向かって検討。 「近く議会を通過し、法案成立後直ちにシステムが廃棄される」模様。「現在、国民IDカード制は停止中」

アメリカは、医療、介護、年金など社会保障や銀行、納税分野で利用。番号は可視化。それだけに、なりすましが横行し、犯罪の温床になっている。

「現実空間での取引に加え、サイバースペースでの取引(電子取引・ネット取引)にも汎用されていくことにより、番号が売買、垂れ流しされ、 不法行為に手を染める者の手に渡るなどして、アメリカ社会は、他人の社会保障番号を使った”成りすまし犯罪者天国”と化し、 社会保障番号に係る国民の情報コントロール権は、風前の灯のようになっている。被害者の窮状が社会問題になり、他人の社会保障番号を使った ”成りすまし犯罪”に対処するために、連邦や各州の議会、省庁が対策を練ってきているが、いまだ抜本策を見出すにはいたっていない」

スウェーデンは、アメリカ以上に広範な分野で利用され、共通番号は無制限に一般に公開(可視化)されている。「アメリカに次ぐ”なりすまし犯罪者天国”」。

「共通番号は、マスターキーに使えば個人のプロファイリングが容易にでき、国家が個人の生活のいかなる場面にも入り込み追跡できる体制を敷く仕組みであり、 人間の尊厳の保障や個人の幸福につながらないとの鋭い指摘がある。



日本での利用範囲は、アメリカ・スウェーデン型のように多岐にわたる案が示されているようだが、個人の資産・収入、健康状態が外から透けて見えてしまえば、 日本人の陰険なの気質からして、人を値踏みし、さまざまな人種差別が横行する可能性は否めない。

そうなれば、プライバシーが保たれないばかりか、人間の尊厳も危うい。 加えて、なりすまし犯罪との絡みもある。ストーカー規制法を強化したようだが、個人情報の流用により、減少ではなく増加の一歩を辿る。また、国家権力の増長、末端で個人情報を収集する各種団体・組織の国家への追随も気になるとのこと。

単に、利便性だけで制度を増やして行けば良いというのではない。我々の能力に見合った制度のあり方を考え、それを正しい方向に導いて行くというのが、 人間の人間たるゆえんである。

また、既存の制度であっても、国民生活にとってリスクとリターンを比較し、 得るものが少ない、あるいはリスク大と判断すれば、潔く制度を撤廃することも必要である。共通番号制度(法案)に関していえば、どう見ても、 今の日本には、荷が重すぎる制度であり、日本の国民性に合っているとは決して言えない。

国民の声を無視して、独自の判断で行うというのであれば、国家の進むべき方向性がどこか間違えている。今の国家は、果たしてどれだけの国民の信頼や信用力を持ち合わせているだろうか?無理に強いれば、国民に何らかの形で、負荷を与えることになり、 国家が弱体化することに国家自らが先頭に立って力を注ぐという愚昧を働くことになる。そうなれば、国民は、国家に失望し、国家からますます距離を置いてしまうだろう。


posted by 松田英貴 at 23:52| Comment(1) | TrackBack(0) | Diary

対米追従路線は時代遅れ


どの政党も、決して一枚岩ではない!勿論、現政権の自民党も同様である!

過去から続く、対米追随路線VS独自路線、最もわかりやすい例としては、吉田茂(孫:麻生太郎)VS岸信介(孫:安倍晋三)であろう。この対立により、政治生命を絶たれた政治家も多い。

独自路線を貫こうとし潰された主なた政治家

岸信介
重光葵
芦田均
鳩山一郎
佐藤栄作
石橋湛山
竹下登
梶山静六
橋本龍太郎
田中角栄
鳩山由紀夫
小沢一郎

結果、アメリカの裏工作によりパージ

岸信介が独自路線を貫くために行った功績は大きいが、結果はご存じの通りで、安保闘争によって潰されたのが真相である。

孫である、安倍総理は同様になるのを恐れ、祖父とは真逆の米追随路線を歩んだのだろうか?

因みに、オバマ大統領=日本独自路線派であり、アンチオバマ(ネオコン)は勿論、対米追従路線である。

オバマ大統領VSネオコンの戦いが水面下で行われているのは事実であり、日本がどちらに着くかで、日本の未来は変わってくる。

中国政府やロシア政府は、すでにオバマ大統領を支持

マスコミが報道している事実とは真逆の流れで世界は動いているのである。その流れに日本も乗らないと、何度も言うが・・・世界から孤立化する。

posted by 松田英貴 at 22:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 政治・経済

2013年06月23日

野党の一致団結は、大政翼賛会政権の復活を回避する。


都議会選では、予想通り自民党の圧勝であったが、投票率は戦後2番目に低い、43.50%であった。特に、20歳代の投票率は20%台であり、若年層に限れば4人に3人、5人に4人が選挙権を放棄している事となる。

東京都の選挙権がある20歳以上の人口は、12,646,745人であるから、投票したのは5501,334人となる。この数字から考えると、はたして自民党が圧勝と言える数字になるのだろうか。

今回の都議選は、参院選を占う選挙として注目されていたはずだが、投票率は低迷した。もし、安倍政権の唱える、経済政策や憲法改正、脱原発などの是非が国民に届いていれば投票率は上がっていたのではないかと思われる。

実は、マスコミが盛んに報道しているほど、安倍政権に対する関心は薄く、その結果、有権者の関心が高まらなかったのではないかと思える。

もし、マスコミ報道が正しいとすれば、投票率は確実に上がっていたはずである。いずれにせよ、結果はこの通りであり、これが民意として捉えられるわけであり、自民党がどのような政策をしようが、国民は文句は言えない。

別意見として、「自公に対抗できる野党がない」「投票先がない」という有権者のしらけムードもあるようだ。実際、「どうせ自民党が勝つのだから、選挙戦に行っても無駄」との声も聞いた。

このままでは、与党である自民党や公明党の思うままの、大政翼賛会国家(反民主主義国家)に転落することになります。

しかし、ここにきて(都議選惨敗)ようやく野党が結集する可能性が出てきた。これまで野党結集を最も強く訴えてきたのは、生活の党の小沢一郎代表であり、事あるごとに「野党の大同団結が必要」「野党がまとまれば勝てる」と言い続けてきた。

民主党の細野幹事長も、今月19日に生活の党の鈴木幹事長と会談し、参院選の福岡選挙区で選挙協力することを決定。民主党候補を生活の党も推すことで合意した。さらに、参院選後に連携を拡充する方針でも一致したという。

都議選でも変化の兆しはあった。生活の党が民主党候補を推薦した墨田区で、細野氏と生活の党の木村たけつか前衆院議員が一緒に遊説に立ったのだ。集まった支援者に細野氏は、「木村さんとは、また一緒にやれると思います」と演説していた。

また、民主党はみんなの党とも、参院の愛媛で選挙協力を決めている。みんなの渡辺代表は、もともと小沢と考え方が近く、野党共闘にも前向きである。

未来の日本を、自公の大政翼賛会国家に絶対させないための国民の究極の選択肢として、野党は一致団結しなければなりません。

さもなければ、国民は確実に貧乏化し奴隷化します。そうなると、大政翼賛会政権(自公)に不満をもっても、共産党独裁国家の中国や北朝鮮と同じく、奴隷状態から脱出するための民主主義的選択肢を完全に奪われた格好になります。

※軍国主義者主導の大政翼賛会国家体制が日本で出現したのは1940年です。その後、日本は無謀な戦争に突っ込んでいき、1945年、無条件降伏を余儀なくされ、国民は塗炭の苦しみを味わった。

安倍政権の押し進める、憲法改正、集団自衛権の行使、国防軍などは、軍国主義者主導の大政翼賛会国家体制確率後の、日本が戦争に突っ込んだ時と同様の経過を辿っているようで恐ろしい。


posted by 松田英貴 at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 政治・経済

2013年06月21日

死亡税導入?


ついに政府は、亡くなった人からも税金を取る、「死亡消費税」なる税金の導入が検討をしているらしい。

説明としては、使われずに残された財産は、本来生きている間に消費されるべきお金であるので、無くなった後もさかのぼって消費税を取ろうと言うのだ!

これは、相続税とは全く別の税であり、導入されれば二重に税金が取られることになる。

不甲斐ない政策で、老後の生活の心配を余儀なくされた国民がにコツコツと貯めたお金にまでにも目をつけ搾取しようしている。

また、自分が亡くなって、残された家族に迷惑をかけまいと、お金を貯めている人もいる。そのお金すらも搾取しようとしている。

これって・・・泥棒でしょ!

国は何の努力もせず、税金という合法的な名のもとで、国民の財産を根こそぎ奪おうとしている。そもそも、国が豊かであれば無意味な税金を取らなくても、経済は上手く流れるはず。

国の政策の失敗で、様々な名目で国民に税金を課すのは可笑しな話である。国は国債と言う名のもとで国民から多大の借金をしているわけなのに、それに加え、死亡したら消費税を取りますなんてことを考えはじめることが異常である。

悪代官が、貧困に苦しんでいる人々から理不尽な年貢の取り立てをしているより酷い話である。

このままいけば、いつしか・・・長生きすれば税金が課せられる日も遠くない。

そうならないためにも、国の政策に反対すべき時は、断固と反対すべきである。良いも悪いも諸外国を見習うべきである。理不尽なことには国民が一丸となって反対すべきである。ただ、国が取り決める政策を黙って傍観していても何も変わらない。

どこの国でも、民意が国を変えてきたはずである。それにはリスクが伴うが、リスクを恐れていては何も変わらない。最終的に痛みを伴うのは国民であり政治家ではない。

posted by 松田英貴 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済

2013年06月20日

プーチン大統領、米英などのシリア反体制派支援を批判

プーチン大統領、米英などのシリア反体制派支援を批判

(CNN) ロシアのプーチン大統領は16日、米英などがシリア反体制派への支援を表明していることに対し、「敵を殺して内臓を食べるような者たちを支援することはできない」と反対意見を述べた。主要8カ国(G8)首脳会議を前にロンドンでキャメロン英首相と会談した後、記者団に語った。



プーチン大統領は、インターネット上で先月、シリア反体制派が政府軍兵士の遺体から心臓を切り出して食べた場面とされる映像が流れ、非難を浴びたことに言及。「こういう集団を支援したいと思うか。武器を供与したいか」と問い掛け、映像中の行為は欧州諸国やロシアの「人道的、文化的価値観」に反すると強調した。

大統領は一方で、ロシアが続行しているシリア政府への武器供与は国際法上まったく問題がないとの立場を示し、「われわれはいかなる規則や規範にも違反していない」と繰り返した。

米政府は先週、シリアのアサド政権が反体制派に対して化学兵器を使用し、越えてはならない一線を越えたと断定。反体制派への軍事支援を表明した。複数の米当局者がCNNに語ったところによると、支援内容としては小型武器や弾薬、対戦車兵器の供与が検討されている。

キャメロン首相は会見で、英政府として武器供与に踏み切るかどうかは決まっていないと述べる一方、流血の責任が「アサド大統領にあることは確かだ」と断言し、米国とともに反体制派を支援する姿勢を確認した。

これに対してプーチン大統領は「責任は双方にある」と主張し、和平仲介への意欲を示した。キャメロン首相によれば、両首脳は紛争解決に政治的、外交的努力が必要との見方で一致した。

プーチン大統領は17日にオバマ米大統領とも会談し、シリア問題などについて議論する。



日本人女性ジャーナリストを殺害したと言われている、シリア反政府軍を支持すると表明した安倍政権は、いったい何を考えているのか!また、米国マスコミCNNが全米に放映しているのに、日本のマスコミは報道していません。


posted by 松田英貴 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

ブルースリーズ・ジークンドーのDVD


先日、歴史を動かす壮大なプロジェクトの打ち合わせをしてきた!

2013年秋、ブルースリーズ・ジークンドーのDVDの制作が開始され、年末には発売される予定である。発売元は、格闘技や武術系の映像制作では国内ナンバー1のシェアを持つ大手企業に決定した。

ジークンドー(JKD)は、ご存じの通り、ブルース・リーが創始した武術である。しかし、その実態は明らかにされることはなかった。過去において、世界各国でジークンドーに関するDVDが制作、販売されたが、どれも真実とはかなりかけ離れたものであった。

なぜなら、ジークンドーは一部の限られた(選ばれた)人にしか伝授されていないことが大きな理由である。ジークンドー創始に関わる歴史を知る人は少ない。実は、ジークンドーは、プライベートレッスン生の一人であったテッド・ウォン氏を実験台にして自らのインスピレーションと鍛錬にて創始した技術であった。

ブルース・リーの考えではジークンドーはあくまでも1対1のレッスンで教伝されるものであり、多くの人数に教えても修得出来るものではないと思っていた。又、ジークンドーには特別な技法など一つもなく、ただひたすらに長期間の努力による精錬が必要であると説いていた。

1973年、ブルース・リーは他界したが、この時点でジークンドーは90%しか完成していなかったが、ブルース・リーの死後、テッド・ウォン氏は15年の歳月をかけ、ブルース・リーから伝授されたことをリサーチし、教伝を一切変えることなく、純粋なブルース・リーズ ジークンドーを後世に伝承、テッド・ウォン氏が他界した2010年までに、残り10%を完成させていいたと言われている。

imagesCAF2I5SZ.jpg


今回のDVDは、ブルースリーズ・ジークンドーの正統継承者であるテッド・ウォン氏の弟子であり、継承者でもあるX氏が、ブルース・リーからテッド・ウォン、そしてX氏へと受け継がれた「ジークンドー」の教伝そのままを映像化することとなった。

これは、歴史的に考えても驚愕である。なぜなら、ブルース・リーが他界してから一度も本当のジークンドーの技術が世に出たことはなかったが、それが、他界して40年後の2013年に初めて世に出されるのである。

世界初である!これをきっかけに、世界の多くの人々が、ブルース・リーとテッド・ウォン氏が完成させた。「真実のジークンドー」を学ぶきっかけになってほしいと願う。



posted by 松田英貴 at 19:56| Comment(1) | TrackBack(0) | Bruce Lee

2013年06月17日

戦極‐Bloody Agent ‐Teaser Trailer


戦極‐Bloody Agent ‐Teaser Trailer



posted by 松田英貴 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

2013年06月03日

ロバート・リーが語るブルース・リーの死の真相


5月30日、ブルース・リーの伝記映画「マイ・ブラザー」の宣伝のために、実弟である、ロバート・リーが来日しイベントが行われました。当日は、ブルース・リーの熱狂的ファンでもある「しょこたん」も訪れ、盛大なイベントとなりました。

ブルース・リーの伝記映画は数々制作されましたが、どれも真実に基づく内容ではありませんでした。今回の映画は、実弟と実姉の証言を基に制作された内容であり、多くの人が知るブルース・リー映画とは異なりますが、真実のブルース・リーを知る映画としては最高の内容に仕上がっています。

今回に内容は、ブルース・リーがアメリカに渡る以前の話で終了しているが、制作段階においては3部構成で考えられていたようだ。ファンとしては、是非とも2部、3部と続いてほしいと願います。

430.JPG


今回、ロバート・リーが来日の際、ブルース・リーの死の真相を語るのではないかと、一部のファンの間では盛り上がっておりましたが、真実は語られることはありませんでした。

しかし、ロバート・リーは、死の真相について、とても不可思議な言葉を残しました。

「兄の死は、受け入れがたい事実でした。家族として、長年彼の死の真相を知りたいと思っていますが、非常に難しい状況にあります。もし、真相を知るとなればDNA鑑定しか他に方法はないかもしれない・・・」

なぜ、DNA鑑定だったのか・・・

ここで、この言葉から私なりの仮説を立てます。

仮説1:ブルース・リーの死因は他殺であり、現場に加害者と思われる人間の血液や毛髪、皮膚の組織などが残されていた可能性がある。その証拠となる何かが残っているのだろうか。

仮説2:なんらかの事件に巻き込まれ、自身の識別が不可能ほどの損傷があった。そのため、葬儀の時のブルース・リーは本人ではなく、本人に似せたダミー人形である。本人は、行方不明か他の場所に埋葬された。

※ブルース・リーが生前に、香港黒社会との関わりを断り続けていた話は良く耳にする。黒社会との関係はジャッキーチェンや他の役者も認めていた。当時の香港映画界は黒社会との関わりがあったのは間違いないと思われる。

映画「死亡遊戯」は、仮説2と※の内容が合わさった内容に近くなる。原案はブルース・リーであるから、事実を映画として残そうとしたのではないか。


無題.png



posted by 松田英貴 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Bruce Lee
spacer.gif
spacer.gif